井手口陽介の嫁は、がんになったのは本当、子供はいるの

Pocket

概要

サッカーの日本代表が31日、2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会出場を決めた。
埼玉スタジアムで行われたアジア最終予選B組第9戦でオーストラリアに2-0で快勝。

スポンサードリンク

1試合を残して同組1位を確定させ、6大会連続6度目となるW杯出場権を獲得。

日本は前半41分、浅野(シュツットガルト)がゴールを決め、先制。
集中した守りで失点を許さず、終盤、チーム最年少の21歳、井手口(G大阪)がミドルシュートを決め、決定的な2点目を挙げた。

 

 

11月15日に開催されるワールドカップ最終予選。
それに先立って11日にオマーンと親善試合が行われます。

 

その日本代表メンバーに初召集された、注目の選手!
井手口陽介選手について書きたいと思います

井手口陽介プロフ

img_0174

名前:井手口陽介(いでぐち ようすけ)
所属:ガンバ大阪
出身地:福岡県福岡市
生年月日:1996年8月23日
身長:171センチ
体重:71キロ
血液型:O型
小学生の時は中央FC、ストリートSC、油山カメリアーズに所属し、
同時にアビスパ福岡スーパースクールに通っていました。

 

転機は、小学1年の時!!
福岡の下部組織に所属していた5つ上の兄、稔さんが、
全国大会へ出場したことでした。
img_0173
※↑ちなみにお兄さんは元横浜FC所属で
現在、ベトナムでプレーをしています。

 

それまで九州から出たことがなかった
井手口一家は、全国レベルの高さを知りました。

母・亜紀子さんは、その時、「サッカーをするなら九州から出た方がいい。私が陽介の可能性を広げたい」

と感じたといいます。

そこからが、井手口選手のお母さんが凄いところで、
「プロのジュニアユースに入れば、遠征費もかかる」と考え、
日本中で仕事ができる介護士の資格を取り、大阪へ渡る2、3年前からは福岡で働き始めました。

 

6年間、いつか大舞台で活躍する息子の姿を思い浮かべながら、
ひっそりと準備を進め、井手口選手が小学六年生の時、

「ガンバ大阪のセレクション(入団テスト)受ける?」と尋ねます。

そして、見事ガンバ大阪ジュニアユースに合格した井手口選手と2人大阪に移りました。

それから、井手口選手は母の想いを裏切らない活躍を見せます。

img_0176

しかし、
G大阪ユースに所属した高校2年の時、学校に遅刻したり、実家のドアを殴って穴を開けるなど私生活で荒れた時期があったようです。

やけになってサッカーをやめようとした時、当時J2横浜FCでプレーしていた兄正昭さんから1通のメールが届きました。

「サッカーやめるなよ」。

プロになっていた正昭さんは「弟には未来があると分かっていた。だから諦めて欲しくなかったそうです。

同じころ、いつも「サッカーを人一倍頑張れ」と応援してくれていた母亜紀子さんが大病を患った。
母から電話で病気を告げられ、目が覚めた。

「迷惑掛けすぎたと思ったし、自分が早くプロになって恩返ししたい」。

家族の思いに応えるため、プロで、世界で、羽ばたくと決めました。

その後、高校3年生の(2014年)の時についにトップチームへ飛び級昇格します。

これは、宇佐美選手以来5人目の飛び級での昇格になります。

<

井手口陽介のタバコやタトゥーを調査!嫁はがん闘病中で元ヤン

井手口陽介 プロフィール

名前:井手口陽介(いでぐち ようすけ)

生年月日:1996年8月23日

年齢:21歳(2017年時点)

出身地:福岡県福岡市

身長:171cm

体重:61kg

血液型:O型

所属チーム:ガンバ大阪

ポジション:MF

背番号:8

 

ワールドカップ出場を決める大事な試合を

勝利へと導く決定的なミドルシュートで鮮烈なインパクトを残し、

一夜にしてヒーローとなった井手口陽介選手。

 

それ以降は日本代表には欠かせない選手として、存在感を発揮しています。

 

お兄さんが2人の2人兄弟の末っ子で、

長男はプロサッカー選手でFC大阪の井手口正昭選手。

 

井手口選手は小学校6年生の時に

「よりレベルの高いところでプレーしたほうがいい」という母親の勧めで、

中学進学時に阪南大学の選手だった長男のいる大阪に渡り

ガンバ大阪ジュニアユースの入団テストを受けます。

 

選考にあたったガンバ大阪アカデミーのスタッフ全員が満場一致でその才能に太鼓判を押し、

最終選考を待たずして早々と合格を告げられたそうです。

 

大阪に引っ越しをしないといけないにもかかわらず

井手口選手の才能を見抜いたお母さんもすごいですね。

 

その後はすべてが順調という訳には行かず、

ガンバ大阪ユースに所属していた高校2年の頃には、

私生活が荒れてしまった時期もあったようですが

大病を患っていた母親の言葉と兄の説得でなんとか立ち直ることができ、

 

2014年の高校3年生の時に晴れてトップチームへ飛び級昇格。

宇佐美選手以来5人目の飛び級での昇格だったそうです。

スポンサードリンク

 

その後、2017年6月7日にキリンチャレンジカップのシリア戦でA代表デビューを果たすと、

6月13日には2018W杯アジア3次予選のイラク戦で代表初先発。

 

8月31日の対オーストラリア戦では、82分にダメ押しとなる代表初ゴールを挙げ、

日本代表の6大会連続W杯出場に貢献しました。

このゴールでお茶の間にも名前が知れ渡るようになりました。

 

ちなみに21歳8日でのW杯最終予選ゴールは中田英寿さんに次ぐ若さで、

W杯出場決定試合では歴代最年少なのだそうです。

 

 

そういえば、井手口陽介選手は中田英寿さんに顔がそっくりとも言われていますねw

一重まぶたとかやんちゃな雰囲気とか、金髪ヘアとか、

よく見るとますます共通項が多い気がします^ ^

 

井手口陽介はタバコを吸う喫煙者?

寿君、BIG BEARさん、hinomaruさん、拓ちゃん、井手口君、根来君、口臭警官と練習終わりに合流(^o^)
違う職種ですがパワーをもらってます❗️
明日も練習頑張ります👊

 

井手口陽介選手のタバコを吸っているのではないかという噂について調べてみたところ、

このような写真を見つけました。

 

居酒屋での飲み会のようですが、

右手前から2番目の井手口選手の前にタバコが置かれていますよね。

 

 

銘柄はマイルドセブン。

 

ご本人が公言しているわけではないので、

実際にタバコを吸っておられるのかはわかりませんが、

現役のサッカー選手ですし90分の間とにかく一番走り回らないといけない

MFというポジションを考えたとしても、喫煙者というのは信じがたいですね。

 

誰かのタバコが井手口選手の前に置かれているだけかもしれませんし、

喫煙者とは断定はできませんが、タバコを吸っているのではないかという噂は

この写真が出どころなのではないかと思われます。

 

スポンサードリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です