土村芳の彼氏は?コウノトリやべっぴんさん、画像やインスタは?

Pocket

土村芳さん、今ドラマべっぴんさんが人気ですね。今回は

そのドラマで人気の彼女を紹介したいと思います。

スポンサードリンク

 

 

2016年10月3日から朝の連続ドラマ小説「べっぴんさん」が始まります。

「べっぴんさん」の出演者の中に、ヒロインの坂東すみれの女学校時代の同級生・田坂君枝 役に抜擢された土村芳さんがふと目に止まりました。

土村芳さんの熱愛彼氏や出身大学、姉の土村萌さんついて紹介します。

土村芳 プロフィール

名前:土村 芳(つちむら かほ)

生年月日:1990年12月11日

出身地:岩手県盛岡市

学歴:盛岡白百合学園高等学校→
京都造形芸術大学卒業

身長:160cm

所属事務所:ヒラタオフィス

「土村芳」という名前、「かほ」って読めましたか?

なかなか難しい名前ですねぇ…。

3歳から盛岡市の子ども劇団「CATS(キャッツ)きゃあ」に所属。

小学4年の時に、「夢駆ける大地 私、牛を飼います キャリア官僚の転身」に子役として出演。

2013年4月からヒラタオフィスに所属されています。

主な出演作品

●舞台
2012年 劇団姫オペラ公演「花ちりぬ」

2014年 母に欲す

●ドラマ
2001年 夢駈ける大地 私、牛を飼います〜キャリア官僚の転身

2015年 フラガールと犬のチョコ:宮崎優奈 役

コウノドリ(第5話)

2016年 連続テレビ小説「べっぴんさん」:田坂君枝 役

●映画
2012年 カミハテ商店

2013年 彌勒

2016年 何者

土村芳さん所属のヒラタオフィス公式プロフィール

土村芳の熱愛彼氏や出身大学は?

京都造形芸術大学卒業の土村芳さん。

大学在学中に当時教授だった林海象監督の目に留まり、劇団姫オペラ公演「花ちりぬ」の主役に抜擢。

やはり幼い頃から劇団に入っていたこともあって何かキラリと光るものがあったのでしょうか?

もしかして、林海象監督の目に留まったことで女優への道標が出来たのかもしれませんね。

気になる彼氏の存在ですが、今のところ土村芳さんに熱愛彼氏の噂はないようです。

初めての連続ドラマの出演が決まり、仕事もまだまだこれから。

熱愛彼氏は、しばらく先になりそうですね。

スポンサードリンク

 

土村芳の姉は土村萌

土村芳さんには、「土村萌」という5才年上のお姉さんがいらっしゃいます。

なんと、お姉さんは元IBC岩手放送のアナウンサーだったのだそうです。

地元のニュース番組やラジオ番組を担当されていたようです。

2013年に結婚退職され、現在は子どもも誕生し、旦那さんの地元の岡山にお住まいのようです。

土村芳「べっぴんさん」出演!

2016年10月3日から始まる朝の連続ドラマ小説「べっぴんさん」に土村芳さんが出演されます。

子供服作りに邁進するヒロイン「すみれ」と家族たちを描いたドラマ「べっぴんさん」。

ヒロイン・坂東すみれを演じるのは、芳根京子さん。

土村芳さんが演じるのは、すみれの女学校時代の同級生田坂君枝(たさか きみえ)。

君枝は生真面目で潔癖な性格。
子供の頃から体が弱く、将来に希望を持たなかった君枝は戦後すみれと再会したことにより、人生が変わっていくようです。

「べっぴんさん」は、土村芳さんにとって初めての連続ドラマなんだそうですよ。

まとめ

土村芳さんを紹介しました。

・土村芳さんは、京都造形芸術大学出身

・現在熱愛彼氏の情報はなし

・朝の連続ドラマ小説「べっぴんさん」にヒロインの同級生という重要な役柄で出演。土村芳さんにとって、初めての連続ドラマ

スポンサードリンク

朝ドラに出演した女優さんは、その後順調に仕事が舞い込んでくるようですよね。

土村芳さんもこのチャンスを逃さずに、成長していってほしいですね。

NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』に、芳根京子演じるヒロイン・すみれの女学校時代の同級生、村田君枝役で好演中の土村芳。素朴な顔立ちが印象的な彼女は、次世代の“昭和顔”として、いま注目を集めている若手女優のひとりである。“昭和顔”といえば、同じくNHK連続テレビ小説『花子とアン』でヒロインの妹役を務めた黒木華や『あまちゃん』に出演した有村架純や松岡茉優など、朝ドラ出身女優たちの代名詞というべき、ブレイクを後押しする重要な要素となっているだけに、彼女のブレイクも時間の問題!? 土村芳という女優はどんな人なのかインタビューを敢行!

たくさんの方からの反響も、やっぱり朝ドラってすごいな

  • 土村芳

    土村芳

――現在『べっぴんさん』に出演中ですが、出演が決まったときはどんなお気持ちでしたか?
土村芳 最初ヒロインとしてのオーディションを受けたので、ヒロイン役がダメでしたって聞いたときは、今回の挑戦はここまでで終わりだと思っていたんです。でも、そのあとに友達役としてのお話をいただき、純粋にこのドラマに参加できるんだと思ったら、素直に嬉しかったですね。

――朝ドラといえば、ブレイクの登竜門。『まれ』主演の土屋太鳳さんや同級生役の清水富美加さん、『あさが来た』主演の波留さんと親友役の吉岡里帆さんなど、軒並みブレイクしています。そういった意味で、土村さんにとって朝ドラ出演は、ご自身でどう捉えていますか?
土村芳 たくさんの方から「見てるよ」って言葉をいただいて、やっぱり朝ドラってすごいなって。

――よくありがちなのが、いきなり親戚が増えるとか。
土村芳 私もそうなるのかな? ってちょっと思っていたんですけど……(笑)、それが言われていたような現象はまったくなくて。

――そうなんですね。『べっぴんさん』でのご自身の役どころ(村田君枝)についてはどう思いますか?
土村芳 このドラマでは、女学校時代から戦後までを演じているのですが、君枝は軍国少女でありながらも、生まれつき体が弱いというのもあって、ほかの人と同じようなことをするのがなかなか難しかったんです。でも、そういう子だからこそ、1日1日をすごく大事に生きることができるといいますか、何気なく日々を過ごせることに対しての感謝を人一倍感じることができるんです。

――また時代背景とともに、君枝自身も変わっていきますよね。
土村芳 最初のころは「はしたない」といったセリフを言ったりと、どこか攻撃的な印象があったとは思うんですけど、伝えたいという思いがぶっきらぼうに出た結果がそのような言葉になってしまっただけで、君枝はただ何事にも一生懸命なんです。自分の体の弱いところとか不安要素を補うために、戦時中は、日本が勝つということを信じながら、自分ができることをやろうと、希望を持つことでバランスをとっていたんですけど、戦後は信じてきたものが一気に崩れ去ってしまって、だいぶ打ちのめされてしまうんです。でも、そこですみれちゃん(芳根京子)と出会ったことで、身体の調子もどんどん良くなって行って。それまではお国のためにと向けていた思いを、今度はお母さんのために、赤ちゃんのためにと方向転換をしたことによって、誰かの役に立てているんだという、自分の存在意義を見出しながら、今すごく奮闘しながらも、頑張っているところですね。

熱愛彼氏の噂もいまはないようですが、これからブレイクするにつれ

でてくるかもしれませんね。

スポンサードリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です