本田望結の親の職業は?離婚してる医者で金持ちなの?本田竜一で年齢や実家は

Pocket

スポンサードリンク

本田望結の家族構成

本田望結の家族構成

まずは本田望結さんの家族構成をご紹介します。

本田家は7人家族で5人兄弟です。

大黒柱のお父さんは本田竜一さん、お母さんの真紀さん、長女の真帆さん、次男の太一さん、次女の真凜さん、そして3女の望結さん、末っ子の沙来さんです。

まずは本田望結さんについてご紹介!

本田望結とは

本田望結とは

本田望結さんは2004年生まれの12歳で5人兄弟の4番目(3女)です。
京都府京都市生まれで現在は女優とフィギュアスケート選手の二足の草鞋を履いて活動しています。

家政婦のミタでブレイク

家政婦のミタでブレイク

本田さんは4歳の時から子役として活躍し、7歳の時に「家政婦のミタ」にて阿須田 希衣(あすだ きい)役を熱演し、一躍人気子役となりました。

家政婦のミタ Canción de Kii – YouTube

出典:YouTube

家政婦のミタのワンシーンです。本田さんの無邪気な演技がかわいいですね!

映画「ポプラの秋」で初主演

映画「ポプラの秋」で初主演

本田さんは2015年に映画「ポプラの秋」で主役の星野千秋 を演じ、話題になりました。
この映画は第39回モントリオール世界映画祭、第18回上海国際映画祭パノラマ部門正式招待作品となり国際的にも高い評価を受けました。

フィギュアスケートは3歳の時から

フィギュアスケートは3歳の時から

望結さんがフィギュアスケートを始めたのは3歳の時です。ですので子役デビューする前から始めていたということになります。
兄の太一さんの影響で始めたとのことです。
現在は太一さんの姉の真凜さん、妹の沙来さんと共に京都醍醐FSCに通って練習中です。
選手としての戦績ですが2011年の関西大学主催の氷の甲子園で2回転ジャンプを決めて小学3年生以下の部で優勝し、第17回全日本フィギュアスケートノービス選手権大会(ノービスB女子)8位入賞、第39回京都府民総合体育大会・女子シングルジュニア幼年女子の部において、83.09点をマークして優勝 しています。

声優デビューも果たしていた

声優デビューも果たしていた

望結さんはディズニー映画「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」にて声優デビューしています。
その際のインタビューにて自身のことや家族のことを話しています。

いちばんのお気に入りは、ソフィーがBFGと運命の出会いを果たす場面。

「ソフィーが窓の外を見たことでBFGに気付き、2人は運命的に出会うんです。素敵なシーンだと思いました。私にとって、運命の出会いは家族。きょうだい5人がみんなフィギュアスケートをやっていて、年齢に関係なくお互いを尊敬し合っているんです。私も尊敬してもらえるような妹、そしてお姉ちゃんでいたいなと思っています」

家族が大好きな気持ちが伝わってきますね。

望結ちゃんがBFGにかなえてもらいたい、とっておきの夢とは?

スポンサードリンク

「大人になった自分の姿を見てみたいですね。寝て見るほうの夢では、最近、私が家族とはぐれて迷子になるという怖い夢を見て。その後は、お母さんや妹の手をしっかり握って出かけるようになりました。怖い夢はBFGが取ってくれるはずなので、取るのを失敗したから、私に来ちゃったのかな(笑)」

大人に混ざって仕事をしていてもまだ12歳。子供っぽさがまだ残っています。

2017年には中学生!学校はどこ?

2017年には中学生!学校はどこ?

望結さんは2017年に中学生になります。
中学受験を受けたのかどうかははっきと確認が出来ていませんが関西大学中等部ではないかと言われています。
現在姉の真凜さんも在学中ですので可能性は高いですね。

日本テレビ系「家政婦のミタ」(2011年)で一躍注目された望結も7日には中学の入学式。「すごく英語を勉強したい。今できることを100%全部やりたい」

次は望結さんの姉、本田真凜さんご紹介

姉の本田真凜はフィギュアスケーターとしてすごい

姉の本田真凜はフィギュアスケーターとしてすごい

本田真凜さんは望結さんよりも3歳年上で、2017年に高校生になりました。日本を代表するフィギュアスケート選手で主な成績は2016年世界ジュニアフィギュアスケート選手権優勝(金メダル)、2017年世界ジュニアフィギュアスケート選手権準優勝(銀メダル)、2015年ジュニアグランプリファイナル3位など、輝かしい成績を残しています。

先週末に入学式を終えたばかりで「『高校生です』と言うのが憧れだった」と気分はルンルン。新しい制服姿で“JKの誓い”を立てた。

「英語に興味がある。将来役に立つと思うので頑張りたい」。これまでも海外選手と英語やジェスチャー、翻訳機能を駆使してコミュニケーションを取っており「なんとなく言っていることは分かる」と胸を張るが、「お店で英語で注文している人がかっこいい!」。羨望(せんぼう)のまなざしを送った。

女子高生になってまた一つ大人になった真凜さん。うれしそうですね。

望結さんにとっての真凜さん

望結さんにとって真凜さんは憧れ

望結さんにとって真凜さんは憧れ

もともと真凜さんに強い憧れを抱く望結さんは最近は真凜さんに会う時に緊張するようになってしまったそうです。
「世界の真凜」になった時からお姉ちゃんなのに敬語になってしまったりして戸惑っているようです。

望結は姉・真凜について「夜寝る瞬間になってクロワッサンが食べたいからって言って、いきなり(生地)こね始めてチョコクロワッサンを作ったりとか」とエピソードを披露した。しかもそれは真凜が金メダルを獲った昨年の世界ジュニア選手権の前夜の出来事だったそうで、「なんかお腹すいたとか言っていきなり夜遅くから料理作り始めたりとかする。私たちもずっと一緒にいるけど、何をするかわからない」と、予想もつかない突発的な行動に驚かされることが多いと語った。

望結さんにとって真凜さんは憧れでもあると同時に「よくわからない人」でもあるようです。

望結さんにとって真凜さんはライバルでもある

望結さんにとって真凜さんはライバルでもある

望結さんにとって真凜さんは「いつか倒さねばならないライバル」でもあるようで「いつかお姉ちゃんを沙来と一緒にやっつけたい」と語ってもいます。

出典:

スポンサードリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です