落合陽一の嫁は?天才の父親は?情熱大陸で有名に

Pocket

I(人工知能)やVR(バーチャル・リアリティ)、AR(拡張現実)といったテクノロジーを駆使した最先端研究をしていることで注目されている、筑波大学准教授の落合陽一氏。その落合氏は、若い世代に向け、著書『これからの世界をつくる仲間たちへ』などで「自己啓発書を丸呑みするような“意識だけ高い系”にだけはなるな」と繰り返し語っている。では、テクノロジーに“使われない”人間になるには、どうしたらいいのか。落合氏が解説する。

* * *
「意識だけ高い系」という言葉の解釈にもいろいろあるでしょうが、僕の見たところ、無駄な自己アピールなどを除くと、その第一の特徴は、本人に何の専門性もないこと。もうひとつは、専門性がないがゆえに自慢するものが「人脈」か「評価されない活動歴」「意味のない頑張り」程度しかないことです。意識だけが高く、そして高い意識を評価されない。

彼らはよくサークルや学生団体を作り、「ミーティング」や「勉強会」や「イベント」「メディア作り」などと称して仲間と集まるのが好きです。外資系のホワイトカラーやソーシャルビジネスをやっている大人たちと接点のあるタイプも多いでしょう。そういう「つながり」の中で仕入れた知識をドヤ顔で吹聴することで、夜な夜な飲み会に行って「自分すごい」をアピールするわけです。

しかし、そこから出てくる情報には、その人が自分で考えたものが何ひとつありません。いろいろな知識を広く浅く持っているだけで、専門性も独自性も何もない。これでは、ただの「歩く事例集」です。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

落合氏のプロフ

生年月日:1987年9月16日

出身地:東京都港区六本木

別名:現代の魔法使い

子供の頃は、しゃぼん玉が好きで、コンピュータも大好きだったという落合陽一さん。

3歳のときに「電話」の仕組みが不思議でたまらず、自宅にあった4台の電話をすべて壊し母に叱られたというエピソードがあります。

今では、起業家のホリエモンさんと一緒に「コンピュータの未来」を研究していますが、思えば3歳のときからコンピュータの未来が気になっていたのかもしれませんね。

大学卒業後は、ITを駆使して、誰も見たことがないアートや装置を開発して話題になっていきました。

2015年には、ワールドテクノロジーアワードを受賞し、現代の魔法使いと呼ばれるようなりました。

生年月日:1987年9月16日

出身地:東京都港区六本木

別名:現代の魔法使い

子供の頃は、しゃぼん玉が好きで、コンピュータも大好きだったという落合陽一さん。

3歳のときに「電話」の仕組みが不思議でたまらず、自宅にあった4台の電話をすべて壊し母に叱られたというエピソードがあります。

今では、起業家のホリエモンさんと一緒に「コンピュータの未来」を研究していますが、思えば3歳のときからコンピュータの未来が気になっていたのかもしれませんね。

大学卒業後は、ITを駆使して、誰も見たことがないアートや装置を開発して話題になっていきました。

2015年には、ワールドテクノロジーアワードを受賞し、現代の魔法使いと呼ばれるようなりました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.