堂安律の彼女は?韓国人なの?ゴール海外の反応は?移籍は?エレベーター事件とは

Pocket

堂安律選手

海外に行っても活躍もできずに帰ってくる選手が多い中

海外でも活躍し続けている貴重な選手ですね。

堂安について書いていきたいと思います。

堂安選手と言えば、将来を有望視されている若手選手で、間違いなく将来の日本を背負って立つ選手!

小学生のころからサッカーを始め、当時は地元の兵庫県西宮SSに所属しており、中学生になってから、ガンバ大阪ジュニアユースでプレーすることになります。

堂安選手は当時17歳でオファーを受けているのですが、サッカーファンとしては、その若さで海外でプレーする選手を見てみたいと言う気持ちもありますよね〜。

もちろん、海外移籍だけが正解ではないと思いますし、もう少しJリーグで結果を出してからと言うことになったんでしょう。

そんな堂安律選手は、若くして彼女はいるのか?国籍は韓国?それとも日本?

中学や高校時代の活躍話しや、どんなプレースタイルをするのか?と色々な角度から書いていくので、最後まで是非ご覧ください!

スポンサードリンク

堂安律の彼女は誰?まゆ?韓国人なの?

10代の可愛らしさが残る、堂安律選手。

最近はガンバ大阪での活躍っぷりから、ネットなどでも彼女は誰だ?とか、まゆって言う女性が彼女なのか?など色々と噂が絶えなくなってきました。

そして色々調べた結果、彼女はいると思われます。

なんと、SNS上に彼女とのツーショット写真を載せており、世間では堂安選手が間違えて載せてしまった誤爆として話題になりましたね。

非常に可愛い女の子で、彼女とは書かれていませんでしたがあの2人の雰囲気からすると99%彼女だと思いますよ。

ただSNS上では、直ぐに消されており、やはり堂安選手が間違えて載せてしまったのでしょうね。

この女の子がまゆと言う方なのかは、わかりませんので、そこらへんは謎のままになりました。

そして、堂安選手が韓国人と言う噂ですがどうやらガセネタのようですね。

たぶん、堂安律と言う、漢字三文字のところが韓国人のように思う方が多かったんだと思います。
というか堂安選手は、韓国人だけでなく、ベトナム人にも間違われたようで、アルファベット表記の「DOAN」が、ベトナムでも良くある名前のようで、試合で行ったときに間違われました。

しかし、年代別の日本代表にも選ばれているように、堂安選手は韓国人でも、ベトナム人でもなく、生粋の日本人ということですね。

プレースタイルは?

将来の日本代表候補の堂安律選手。

そんな彼は、いったいどういったプレースタイルをしているのか?

その辺を探っていきます。

まずポジションなんですが、ミッドフィルダーで、主に右サイドハーフを務めることが多い選手です。

スポンサードリンク

しかし、2017年に入り、ガンバ大阪ではセンターフォワードを務めるなど、サッカーの幅が広がっていますね。

スタイルとしては、超攻撃型のサイドハーフなんですが、クロスよりシュートで終わることの多い選手。

利き足が左足なんで、右サイドからドリブルでカットインしていき、フィニッシュのシュートまで持っていきます。

何せボールタッチが柔らかく、ドリブルしていても足にボールがくっついているように見えるタイプのドリブラー!カットインは、オランダ代表のロッペン選手みたいな感じで、ドリブルの柔らかさは、メッシ選手のようで、ロッペンとメッシて最強かっ!って感じですよね。

もちろん自らのシュートだけではなく、周りを活かすパスも一流の選手で、視野が広く相手の裏へのパスも得意としています。

ただ1つ運動量が少ないといった欠点があったのですが、最近はそれすら克服しているようで、スピードもアップし、運動量も上がったおかげで、ポジショニングも非常に良くなりました。

そんな大活躍をしている堂安律選手ですが、常に危機感を持ってプレーしているようで、ガンバ大阪の選手層の厚さが、そうさせているようです。

しかし、これだけのプレーが出来ているのに、まだ堂安選手は、10代なんですよ!

ガンバのセットプレーといえば遠藤選手ですが、堂安選手が蹴る機会も増えてきそうですね。

末恐ろしい選手が現れたもので、これからの日本のサッカー界が楽しみで仕方ありません~!

出身中学や高校時代について

堂安律選手の出身中学校や、高校時代の話なんですが、尼崎市立小田南中学校に入学しており、学校のサッカー部には入らず、ここでガンバ大阪ジュニアユースに所属することになります。

ただこの時から複数のクラブチームにスカウトされていたそうで、やはり素晴らしい選手って言うのは、小学生のときから目立っているんでしょうね。

そして、2012年にガンバ大阪ジュニアユースで、史上初のU-15年代全国3冠を達成するのです。

そして、「追手門学院高校」に入学するとガンバ大阪ユースにそのまま昇格し、その頃に左右のサイドハーフで活躍し、メキメキと頭角を現してきます。

そして、高校2年のときに、トップチームと二種登録され、16歳でガンバ大阪のトップチームデビューとなるのです。

そこからは、着々と力をつけていき、2016年には、アジア年間最優秀ユース選手賞を獲得し、年代別日本代表の方では、AFC U-19選手権で、U-20ワールドカップの出場権を獲得すると共に、自身も大会MVPに選ばれました。

U-20ワールドカップでは、間違いなく主役になれる選手と言われており、堂安律選手が世界へ羽ばたく、きっかけとなって欲しいですね

サッカーU-20ワールドカップ2017!注目選手のまとめ【日本代表編】

最後に

これまで、堂安律選手について色々と書いてきましたが、どうでしたか?

堂安選手は2016年にはオランダリーグの名門PSVアイントホーフェンから、正式にオファーを受けるのですが、ガンバ大阪に残ることを決断しています。

この時に、若くして海外移籍を経験した宇佐美選手に相談もしたようですね。

現在伸び盛りの選手でして、人気も急上昇中で、彼女との話題もあり、国籍の話しもありと、サッカー以外でも噂が絶えません。

本業のサッカーの方でも、素晴らしいプレースタイルを持ち、過去の成績も申し

スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.