2014年ブラジルW杯サッカー日本代表で、スイス・スーパーリーグのFCバーゼル所属する柿谷曜一朗がプロデュースした香水「ジーニアスロゼ バイ ヨウイチロウ カキタニ オードトワレ」が、先月27日に発売された。

商品名にある“ジーニアス”とは日本語で「天才」という意味だが、同商品は天才と称される柿谷の華やかな閃きをバラの香りで表現したとのこと。だが、サッカーファンからはブーイングが巻き起こっている。「そんなことやってる場合じゃねーだろ」「ハイハイ天才天才wwww」「こいつは何しにスイスに行ってるんだよ」「中身のないやつほど副業に手を出し失敗する」「ジーニアスって命名した人、今頃後悔してるだろうな」「バラの香り? バカの香りだろ」などと、悪評ぷんぷんなのだ。

「今季の柿谷はレギュラーに定着できないだけでなく、ベンチ外であることも多い。移籍1年目の昨季は言葉の問題もあって、監督と意思の疎通が図れずに出場機会が得られなかったという言い訳もできましたが、監督が変わった2年目の今季も状況は変わらないですからね。半ば戦力外と言っていいかもしれません。本業が振るわないのに何やっているんだ、というファンの気持ちは理解できます。商品は2年前から企画されていたそうなので、タイミングが悪かったと言うしかありませんが、それにしてもこんな時期に発売しなくても。柿谷本人にとってもイメージがよくないですしね。もしかしたら心身共に状態がよくないだけに、サッカーに集中できていないのかも。なんといっても、彼には前科がありますからね」(サッカーライター)

Jリーグ・セレッソ大阪の下部組織で育った柿谷は、クラブ史上最年少の16歳でプロ契約を結ぶ。柔らかで神業的なトラップとスピーディーでスキルフルなドリブルで早くから天才と称され、当初は同期入団の香川真司(ボルシア・ドルトムント/独)よりも注目を集めていたほど。だが、香川がレギュラーとして活躍する一方、なかなか結果を残せない柿谷は練習への遅刻を繰り返すようになり、プロ意識に欠けるとして当時のレヴィー・クルピ監督の逆鱗に触れ、徳島ヴォルティスに期限付きで放出された経緯がある。

「徳島で一念発起し、セレッソに復帰して代表に選ばれるまでになった。しかし、ブラジルW杯では2試合に出場したものの、いずれも後半途中からで不完全燃焼に終わりました。18年のロシアW杯への出場を期してスイスへ移籍したのですが、現状はどうも芳しくない。最近は、代表からも遠ざかっていますからね。移籍当初は、スイスリーグなんて柿谷にはレベルが低すぎるのではと思っていたのですが、結局は国内限定の天才だったということでしょうか。セレッソ入団当時と似たような状況だけに、柿谷のモチベーション低下が気になるところです」(同)

日本代表の次期エースと目されていた逸材だけに、柿谷には過去と同じ轍を踏んでほしくないものだ。