ジャーメイン良の彼女は、弟は?結婚は?高校は?仙台浦和?評価は?

今回は、サッカー選手で今後が期待されるジャーメイン良選手について書いていきたいと思います。ジャーメイン良選手はベガルタ仙台に所属しておりますが、彼女入るんでしょうか?結婚してるんでしょうか?高校はどこなんでしょうか?

また、弟もサッカー選手なんでしょうか?インスタや画像などを調べて書いていこうと思います。評価やプレースタイルはどんなのでしょうか?またオーバメヤンとはなんなんでしょうか?それでは、これから彼の素顔に迫って行きたいと思います。

高校は?

ジャーメイン良名前:ジャーメイン良(じゃーめいん りょう)
生年月日:1995年4月19日
出身:神奈川県厚木市
身長:182cm
体重:75kg
背番号:19
経歴:厚木市立 厚木第二小学校→厚木市立厚木中学校→流通経済大学付属柏高校→流通経済大学→ベガルタ仙台

流経大出身なんですね。そういうことで高校サッカーの名門ですね、流通経済大学付属柏高校出身なんですね、なかなかのサッカーエリートなんじゃないですか?

〇流経大柏
高校3年のインターハイで、全国大会に出場しています。
結果は、決勝で市立船橋高校に敗れ、準優勝に終わりました。

しかし「高円宮杯U-18サッカーリーグ」で、日本一を経験しています
「高円宮杯U-18サッカーリーグ」というのは、高校のサッカー部とJリーグユースのチームが同じ舞台で戦うリーグ戦です。
この時の優勝が、高校のサッカー部としては初の優勝という快挙でした。

高校時代のチームメイトには、青木亮太選手(名古屋グランパス)、小泉慶選手(柏レイソル)、秋山陽介選手(名古屋グランパス)らがいました。
Jリーガーに4人もなっているなんて、当時の流通大柏が、日本一になったのも納得のメンバーですね。

なんと日本一になっていてチームメイトも多くがJリーガーになってるんですね、

その中でもこれから、日本代表を目指せるような選手になって欲しいですね。

〇流経大
高校卒業後は流通経済大学に進学。
1年生からレギュラーとして活躍し、「全日本大学サッカー選手権大会(インカレ)」でも優勝に貢献しました。
大学2年生から全日本大学選抜にも選出されるようになります。

大学4年生の時には、特別指定選手としてベガルタ仙台に加入
10月4日のルヴァンカップ準決勝の川崎フロンターレ戦で公式戦デビューを果たしました。
さらに、12月2日のリーグ最終節のヴァンフォーレ甲府戦でリーグ戦初出場も飾っています。

ベガルタ仙台で出場機会に恵まれさえすれば、きっとすぐに注目の選手になります。まずは、ベガルタでのレギュラー定着を目指してくださいね。

仙台から浦和に行く?

日本人離れした風貌ですね?あたりまえか。

季、大学サッカー界で大きな注目とされてきた 流通経済大学 ジャーメイン良のベガルタ仙台内定が発表された。

実際に、ベガルタ仙台へと練習参加し、ホームスタジアムで試合を観戦し、仙台の街を自身の足で歩いた。
「すごく良い雰囲気だと思った。チームもスタジアムも仙台の街も。」

すぐに届いたオファーと熱意に、熱くなった。
プロサッカー選手を目指し、その夢が叶うことになることを「素直に。すごく嬉しい。」と話した。

流通経済大学での日々はプロサッカー選手という『夢』を『目標』にした。
自身が関わった同じピッチで戦ってきた先輩たちがプロの舞台で活躍することや、練習試合として、天皇杯での公式戦としてJクラブと対戦を重ねてきたことで、プロサッカー選手という目標がよりリアルになった。
「プロサッカー選手になることがゴールではないとわかっていても、プロサッカー選手になることだけを目標にしていた頃と今は全然違っているな、と感じる。」
「自分でいつそうなったのかというきっかけがあるわけではないけれど、プロサッカー選手になる、ということがいつしか絶対になった。なってからの先が重要で、もっともっと先に行きたいという気持ちが強い。」とジャーメイン。

熱意を持って必要と伝えてくれたベガルタ仙台で、ストライカーとして多くゴールを決め、チームの勝利のために戦うことを誓う。

「自分の今感じている向上や変化に、満足はしていられない。もっと上はいる。」と危機感を常に持ち、その上で
「自分にしかない武器がある、という自信も持っている」と、強く言葉にした。

流通経済大学『エース』ジャーメイン良が持つ ストライカーとしての決意と覚悟。
プロへの挑戦を前に、大学サッカーから新たな『挑戦』を発信する―。

これはベガルタ仙台に入団した当時のことなんですが、現在も仙台で浦和にいくという情報はないですね。これからは、どうなるかとかわかりませんが有名選手になっていけば、浦和レッズからお声がかかる可能性もありますね。

彼女は?結婚して妻がいる?

スポンサードリンク

仙台FWジャーメイン良が入籍…お相手は大学時代から交際している一般女性

ベガルタ仙台は27日、FWジャーメイン良が23日に一般女性と入籍したことを発表した。

入籍したジャーメイン良は、以下のようにコメントしている。

「このたび、3月23日に大学時代からお付き合いさせていただいている女性と入籍いたしました。家族を守るために今まで以上の自覚と責任を持ち、サッカー選手として成長し、試合でもゴールを決められるよう、日々のトレーニングから全力でプレーしたいと思います」

流通経済大学在籍時に特別指定選手として仙台に登録されていたジャーメイン良は、2018年に同クラブへ入団。今シーズンはここまで明治安田生命J1リーグに3試合、YBCルヴァンカップに2試合出場している。

ジャーメイン良選手には、彼女はいません、ではありません、っていうか結婚されております。相手はたしかめられませんが、一般女性ということで、ご結婚が

はやいんですね、大成するサッカー選手は結婚が早いということなんですが、ジャーメイン良選手はやっぱり将来性が抜群であるということですね。

インスタは?画像は?

人気のサッカー選手にはもちろんインスタや画像が豊富にありますね。

高速ドリブルが武器ですね。

俊足をいかしてのジャーメイン選手の攻撃

ベガルタ勝ってよかったですね。

弟は?ジャーメイン・アレクサンダー・正

やっぱり兄弟似てるよね。

○弟
2歳年下の弟・ジャーメイン・アレクサンダー・正選手も、兄と同じ流通経済大学付属柏を経て、現在、流通経済大学のサッカー部でプレーしています。
身長は181cmで、ポジションはMFです。
将来は、兄に続いてJリーグ入りもあり得るかもしれません。

弟も兄と同じ同じ流通経済大学付属柏を経て、現在、流通経済大学のサッカー部ということは、これは兄弟Jリーガーの共演もありえますね。同じチームでパスをつなぐ日も近いかもしれませんね。

評価は?プレースタイルは?

○プレースタイル
50メートル走6秒0の俊足を活かしたスピードあふれるドリブル突破力強いシュートが武器。
高校の時までは、特別には速くなかったようですが、大学1年生の時に急に速くなったそうです。

また、純粋なフォワードというより、少し引いたシャドー的なポジションを得意としていま

50メートルは6秒ジャストとは早いですね、しかし大学になってから早くなるというのは不思議ですね、普通は子供のころから速いというのが定番なんですけどね。プロの選手もいつ上達するのかは判らないもんなんですね。まだまだ伸びシロのあるジャーメイン選手ですね。

スポンサードリンク

オーバメヤンとは?

ジャーメイン良のプレースタイルなんですけど、オーバメヤンに似てるともいわれておりますね。

仙台の快速FWジャーメイン良、ドリブル突破が本当にオーバメヤングっぽい

流通経済大学付属柏高校時代に日本一に輝き、流通経済大学でも全日本大学選抜に選ばれたFWジャーメイン良。

今シーズンからベガルタ仙台に加入しており、トップチームで出番を得ている。

そんなジャーメイン良は先週末に行われた川崎フロンターレ戦で先発出場しており、こんなプレーを見せていた。

0-0で迎えた47分、味方選手からのパスに快速を飛ばしたジャーメイン良。

一気にトップスピードに乗ると対峙していた車屋紳太郎を追い抜き、敵陣の深い位置へと進入!ここから中に折り返しのボールを入れるも、これは味方には合わなかった。

ジャーメイン良はアメリカ人の父親と日本人の母親を持ち、類まれな身体能力を武器とする。その風貌はあのピエール=エメリク・オーバメヤングを彷彿とさせるものがあるが、ドリブル突破でもその面影を感じさせた。

いいですね、日本期待の星が和製・・?オーバメヤンっていわれるなんて、かっこいいじゃないですか。なんといってもそのスピードが魅力の彼は、和製オーバメヤンとしてのスピードスターとしての地位を確保して欲しいですね。
今回は、元日本代表のサッカー選手である元ガンバ大阪の井手口陽介選手について書いていきたいと思います。一時期日本代表として活躍していた...
スポンサードリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.