酒井宏樹の出身高校や身長?年齢は?海外の反応は?

Pocket

酒井宏樹の出身高校は?

酒井宏樹の高校生活は、恐らくハードだったと思います。ユースだけなら何とかなるとは思いますが、世代別の代表絡みもあるとなるといったりきたりで、体もきつかったはず。

酒井宏樹は、高校生活は、どうやりくりしていたんでしょうかね?高校で出される課題とかこなすのも大変だったはず。

酒井宏樹は、千葉県立柏中央高校に進学をしたようですね。

しかし、学業とサッカーの両立ができないと判断したのか?どうなのかわかりませんが、第一学院高等学校(元ウィザス高等学校)という通信制の高校に転校しました。

通信生の高校に入ることでサッカーとの両立をできるところを考えていたんですね。ユースにはいっていると高校に通うのも困難になってくるのではないかと思いますね。

通信制だけでなく通学でも入学できるみたいですね。酒井宏樹は、どちらのコースで転校したのかはわかりませんが・・・。いいですね。どちらでも対応してくれる高校なんて。

通信制の方だと思いますが、そこで単位を取って高校を卒業をされたのでしょう。結構、様々な選手が通信制の高校に通っていたようですね。

特に、アンダー世代から代表に選ばれる選手は、そちらの方が体に負担をかけずに、サッカーと学業を両立しやすいでしょうからね。

遠征時でも単位取得のために色々できますからね。今後もアスリートの方々は通信制の高校を選ぶ方が多いのではないでしょうかね?

実際に、通信制の高校に通ったことがないので、どんなところなのかなと思い、第一学院高等学校について少し調べてみました。

やっぱりユースとの両立をしやすいのは通信生の高校なんですかね。いろいろとコースがあってやりやすいのではないでしょうかね。
スポンサードリンク

酒井宏樹が通学していた第一学院高等学校は、どんなところなのか?

通学制、通信制で、中学、高校までのコースがあるようですね。HPを見ていると、通学制は凄いコースがあるんですね。

スポーツ、芸能、美容、ペットなどのコースもあり、美容とかペットって専門学校じゃないの?と思わされますね。そのようなコースでも高校卒業の単位が取れるんですもんね!

時代の流れなのか、こんな高校もあるんだなと勉強させられました。高校も改革がされてきているんだなと思いました。

全日制では組めないプログラムが多く、通信制の高校のニーズが高まってきているようですし、スポーツ選手、芸能活動をしている方に適したスタイルで運営をしているようだ。

しかも、茨城県高萩市、兵庫県養父市が本校で、全国の主要都市を中心に52キャンパスもあるらしい。通信制、通学制両方あると言えども、ここまでの規模とは!

高校の垣根を越えてますね(笑)将来の高校の理想的な教育みたいになってますね。

ちなみに私の住んでいるところにもあるか調べてみたら、ありましたね!ビックリしましたね。主要都市ではないのですが・・・。

それだけ通信制の高校のニーズが増してきているのでしょうね。卒業後も、キャリアサポートもされているようなので、安心して卒業できそうですね。

第一学院高等学校の卒業生を見ていると、こんな記事がありました。HPに出ているものですが。

キリンカップサッカー2016の日本代表選手として、酒井宏樹、原口元気、香川真司、小林祐希が選出されたというニュースも載ってましたしね。

日本代表選手になるような人はこのくらいの通信生に通うくらいではないとなれないのでしょうね。

酒井宏樹の年齢は?

生年月日: 1990年4月12日 (年齢 28歳)
生まれ: 千葉県 柏市
身長: 185 cm
体重: 70 kg
プロデビュー: 2009年所属チーム: サッカー日本代表 (/ ディフェンダー)、 オリンピック・マルセイユ (/ ディフェンダー)
生年が1990年とまだまだ若いですね、これからも現役を続けるとか日本代表として活躍し続けることが充分にできる年代ですね、これからも将来が非常に他の楽しみですね。

酒井宏樹の身長は?

酒井宏樹、勝ち点1奪取も浮かれず「満足している選手はいない」

なんと185センチもあるんですね、かなり高身長ですね、とくに世界のセンターバックの中でも大きい方にはいるのではないでしょうか?

スポンサードリンク

酒井宏樹の海外の反応?

マルセイユの日本代表DF酒井宏樹は、同代表GK川島永嗣の所属するストラスブール戦に途中出場し、試合終了間際に決勝弾のアシストをマークした。これに海外メディアも反応している。

マルセイユは現地時間26日、リーグ・アン第7節でストラスブールと対戦し、3-2で勝利。途中出場となった酒井は劇的な決勝弾アシストで大きく貢献した。

2-1で迎えた後半7分、左サイドバックのDFジョルダン・アマヴィが一発退場となったため、酒井はフランス代表MFディミトリ・パイェに代わり途中出場し、左サイドバックに入った。

試合終了間際の後半44分に同点弾を許してしまい、肩を落としたマルセイユの選手たちだったが、土壇場で酒井が決定的な仕事を果たす。後半アディショナルタイム、ボックス左へのスルーパスに酒井が抜け出すと、左足のダイレクトパスをマイナス気味に供給。これを中央で構えていたFWヴァレール・ジェルマンが流し込み、劇的な決勝弾を奪った。

フランステレビ局「RMCスポーツ」は「マルセイユに味方した試合はクレイジーな結末を迎える」と見出しを打って特集し、白熱したシーソーゲームを紹介している。また、酒井のアシストについても「前半から良質なパスに恵まれず、後半は守備に走らされていたジェルマンへノールックでラストパスを供給した」と称えている。

Marseille goal [3]-2 Strasbourg Germain Sakai Hiroki assist

サイドバックとしての能力を高く評価されているのではないかと思いますね。

海外での日本人のサイドバックの重要性をよく理解しているのではないかと思われますね、

酒井宏樹のマルセイユでのプレーは?

酒井宏樹

マルセイユの人たちは、極東の国から来たアジア人DFの名前を一発で覚えた。

「今日は寒いね〜」を意味する“ça caille” 。「サ・カイーユ」という発音するこの言葉は、「サカイ」と聞こえる。だから、みんなの耳に、酒井宏樹の名前はすんなり入ってきた。

しかし、このサイドバックのプレーは、「寒い」とはほど遠かった。

『背番号2』は、毎試合ちぎれんばかりに体を張ってゴールを守る。ゴールマウス真ん前に身を投げ出し、相手FWのキックをまともに顔面に受けて流血したこともある。

そんな「熱い」プレーをする選手こそ、マルセイユのサポーターが求めている戦士だ。かつてこのクラブに所属した、元アルゼンチン代表のDFガブリエル・エインセも絶大な人気を誇ったが、マルセイユのサポーターはことさら、サッカー界でよく言うところの「シャツを(汗で)濡らす選手」を評価する。この言葉には、文字どおり走り回って汗だくになるということ以外に、仲間のために汗を流せる、労をいとわず身をチームのために投げ出せる、という献身的な意味が込められている。そして酒井もエインセ同様、そんなユニフォームを汗みどろにしてチームのために奮闘する選手だ。まだディフェンダーとしての実力を図りかねている入団当初から、ファンたちは「サカイはチームのために身を粉にしてプレーする。彼はきっとこの街のファンに気に入られるよ」と印象を口にしていたものだ。

酒井にとってマルセイユは公私ともに満たされる場所だった。

そしておそらく、マルセイユの人たちに一番響いたのは、酒井のそんな「マルセイユの、クラブも街も人も好きで好きでたまらない」という彼の全身から溢れ出る思いだ。

4月12日のヨーロッパリーグ準々決勝セカンドレグ、対ライプツィヒ戦で、酒井は待望のマルセイユ初ゴールを挙げた。その時、彼以上に喜んでいたのが、監督やチームメートだった。

この日は酒井の28回目のバースデーでもあった。彼と同じ誕生日で、リュディ・ガルシア監督からお祝いメールをもらったというテレビ局のディレクターは、メッセージに「うちのサカイも今日が誕生日なんだ」と書かれていたと笑っていた。ガルシア監督が酒井を可愛がっているのは周知の事実だが、そのディレクターも「どんだけ好きなんだよ!」と思わず吹き出してしまったという。

この街とクラブをとことん愛し、自分のキャリアを賭けて全身全霊で挑戦する酒井の姿勢と、プレーに妥協はしないが、この街のクラブのために全力を尽くす選手には心から声援を送る、というマルセイユの風土が、見事にマッチングした。

マルセイユで大活躍する酒井宏樹選手ですが、地域の人たちにも愛されて人気が高いようですね。結果も出しているし、実力的にもマルセイユから高い評価をうけているのではないかと思われますね。

酒井宏樹は移籍するの?

フランスで充実のシーズンを送った日本代表DF酒井宏樹に移籍の噂が浮上した。

伝えたのは、英紙『Evening Standard』だ。現地時間6月6日、クリスタル・パレスが酒井の獲得に動き出したと報じている。ロンドンが拠点の同紙によれば、新シーズンに向けて右SBの補強を進めるクリスタル・パレスが、2017-18シーズンのマルセイユで公式戦50試合に出場し、ヨーロッパリーグ決勝進出に貢献するなど、よりいっそう声価を高めた酒井に白羽の矢を立てたというのだ。

また、真相のほどは定かではないが、『Evening Standard』紙は「ミランやナポリ、インテル、セビージャ、さらにはレスターも日本のスターの動向を監視している」と紹介。どのクラブもアジア市場での知名度アップを目論んでおり、酒井獲得が大きなメリットであると見込んでいるのだろう。

とはいえ、現時点で実現するかは微妙なところだ。昨年10月、酒井とマルセイユは2021年6月30日まで新契約を交わしたばかりで、引き抜きには最低でも1350万ユーロ(約20億2500万円)以上の違約金が必要とされている。それを鑑みれば、獲得に乗り出しているクラブが二の足を踏んでも不思議ではない。

移籍というよりは、ビックなクラブからオファーをもらっているようですね。

もしACミランなどの強豪に移籍が実現できるのであれば脅威になることでしょうね。近年は、日本人のサイドバックの活躍する選手がとても増えてすごいことになっているような感じですね。

酒井宏樹はダウン症? 酒井宏樹はダウン症?~噂の出処は宣材写真とサヴァン症候群が原因? ダウン症というようなよくない噂が...
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.