食野亮太郎の彼女は?現在の状態は良好?出身校とかは?身長は?

今回はガンバ大阪からイングランドのマンチェスターシテイに移籍した食野亮太郎選手について書いていきたいと思いますね。

★G大阪が期待の新星・FW食野亮太郎と仮契約「1年目からスタメン奪取」
▽ガンバ大阪は21日、ユース所属のFW食野(めしの)亮太郎(18)と来シーズン加入で仮契約を結んだことを発表した。

▽食野は、ジュニアユースからG大阪に所属。FWとMFでプレーしている。G大阪は食野について「両足のシュート精度が高く、シュートまでの自分の形を持っている選手」と特徴を紹介している。食野はクラブを通じてコメントしている。

このころから食野選手は凄い期待されていたんですね。

飯野亮太郎のプロフィール

「来季より、ガンバ大阪ユースから昇格します食野亮太郎です。夢であったプロサッカー選手になることを、中学から育ててもらったこのクラブで叶えられたことを嬉しく思います。自身に携わってくださった方々に感謝の気持ちを持ち、1年目からスタメン奪取、チームに貢献していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします」

身長171センチ68キロ

身長は171センチと高くはないですが、ユースから出てきているということで

これからの活躍は期待されますね。

食野の出身高校は?

食野 亮太郎

ガンバ大阪ユース出身ということで、高校まではどこに通っているのかまではわからないですが、おそらく通信制かどこかに通っているんではないかと思いますね。

食野に彼女はいるの?

食野亮太郎さんのインスタグラム写真 - 「開幕戦!大逆転勝利! ありがとうございました⭐️💪 #まだまだこれから #がんばります #継続💪 #観客席煽ったら #すごい盛り上がりやったから #おかわりしちゃいました #笑」3月11日 19時31分

彼女情報までは詳しくはわかりませんでしたが、まだまだ若いので彼女がいるかどうかはわかりませんが、これからそういう話題がでてくるでしょうね。

サッカー選手だけにかぎらずスポーツ選手は若くに結婚した方が活躍できる可能性が高いのでできればはやくに若いうちに結婚しておくことがいいでしょうね。

今現在は、交際の女性と結婚したということですが、たいへんおめでたいですね。

J3にでているだけではなくてトップチームでも活躍できるようにがんばって欲しいと思いますね。

これからのガンバ大阪を支えていく強い人材になっていくんでしょうね。

これからの活躍を心より応援しています。

飯野亮太郎の現在?

ゴールを食べ続けるような勢い
ガンバ大阪にリーグ戦4試合ぶりの勝利をもたらしたのは、食野亮太郎だった。

第16節・湘南ベルマーレ戦の後半アディショナルタイム、左サイドに流れて中村敬斗からパスを受けた食野はインサイドにボールを運ぶと、しつこく付いてくる柴田壮介のマークに対してくるっとターン。鋭く切り込み、右足のインサイドでインパクトを与えたボールがゴール右隅を襲い、GK秋元陽太がいっぱいに伸ばした左腕の先でワンバウンドしてゴールに吸い込まれた。

決定的なシーンを作り出すための武器として自信を持つドリブルからゴールに結びつけたプレーは食野の“十八番”であり、スタメンを争うファン・ウィジョやアデミウソンといった外国籍選手にも負けない持ち味として磨きをかけている。

この日はベンチスタートだったが、ハードワークを身上とする湘南に疲れが出てくる終盤の切り札として73分に交代出場、宮本恒靖監督から勝負を託された。

その起用にゴールという結果で応え、チームに劇的な勝利をもたらした。攻撃力を売りにスタートしたはずのチームは攻守のバランスに問題を抱えた影響もあり、深刻な得点力不足に陥るとJ1の降格圏を彷徨っていた。その間に食野はU-23チームが参戦するJ3で7試合・8得点を記録。1試合1得点以上のハイペースでゴールを量産していた。読んで字のごとく、ゴールを食べ続けるような勢いだ。

スポンサードリンク

1の7試合で252分で3得点をマークってすごい

meshino02.jpg

 目を見張ったのはシュート意識の高さだ。7試合で34本のシュート数は、1試合平均で実に5本近いシュートを打っている計算になる。つまり食野はチャンスを待って確実に仕留めるタイプではなく、チャンスと見れば積極果敢にドリブルを仕掛けてシュートに持ち込んでいくタイプなのだ。J3で結果を出してアピールを続け、第9節のベガルタ仙台戦でトップチームのベンチメンバーに入ったが、出場時間はたったの2分だった。

そして次のFC東京戦は出番がなく、第11節のサガン鳥栖戦で0-1とリードされた後半スタートから投入されると、すでに3点差とされた後半アディショナルタイムに、アデミウソンのパスを受けてドリブルを仕掛け、中央でディフェンスをかわしながら右足のシュートを決めた。チームとしては完敗だったが、食野がJ1で十分に通用することを証明する試合となった。

第12節の大阪ダービーは倉田秋のゴールでリードを奪った後半途中から出場し、続く北海道コンサドーレ札幌戦もわずかな時間のプレーしか許されなかった。

しかし、次の鹿島アントラーズ戦でようやく先発のチャンスをもらうと13分に混戦のこぼれ球からアデミウソンがつないだボールを鮮やかなミドルシュートでゴールに結びつけた。翌節のジュビロ磐田戦では2試合続けての先発もゴールは無かったが、今回の湘南戦を合わせて7試合の252分で3得点という結果は見事だ。

なんとマンチェスターユナイテッドに移籍した食野選手ですが、入籍まで発表したようですね。いろんな意味でおめでたいことがやってきているようですごいですね、この調子でどんどん活躍されることを願っていますね。

今回は、日本サッカー界に期待の星である、西大伍について書いていきたいと思います。
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.