オジェソクの兵役は?結婚は、難病?日本語上手?、双子、怪我?加地?

今回は、ガンバ大阪のオジェソク選手について書いていこうと思います。オジェソク選手のインスタはどうなんでしょうか?韓国の選手だけに兵役が気になりますね。難病の子との交流とはなんなんでしょうか?ツイッターとはなんですか?

また、日本語がうまいという噂はどうなんでしょうか?加地選手との交流は?怪我の具合はどうなんでしょうね?双子であるという噂は本当なんでしょうか?

オ・ジェソク

ガンバ大阪加入時に立てた誓い「A代表に選出される」…有言実行の強い男

オ・ジェソク
  • 名 前: オ・ジェソク
  • ハングル表記: 오재석 (Oh Jae Suk)
  • ジャンル: サッカー(男子)
  • 生年月日: 1990年 1月 4日(28歳)
  • 身長/体重: 178cm,74kg
  • 学歴: 慶煕大学校
  • 血液型: B型
  • 干支(えと): 午年
  • 星座: 山羊座
  • 所属チーム: ガンバ大阪(2013年~)
  • 軍隊: ロンドン五輪で銅メダル獲得により兵役免除

オ・ジェソクとは

オ・ジェソクは韓国のサッカー選手。ポジションはDF(左右のサイドバック)。
高校時代から各年代の韓国代表に選ばれ、実力を発揮してきた。
2012年ロンドン五輪に出場し、銅メダルを獲得したことで兵役は免除となった。
ガンバ大阪加入時(2013年)、「韓国A代表に選出される」と目標を掲げていたオ・ジェソクは2016年3月、ロシア・ワールドカップ アジア2次予選、韓国代表のメンバーとして初招集された。しかし、直前のACLで左足を負傷し代表を辞退。同年8月、ワールドカップアジア3次予選の代表メンバーに再び選ばれ、9月1日の中国戦でA代表初出場を果たした。

韓国代表にまでなっているオジェソクさんすごいですね、もっともっとガンバ大阪でがんばって欲しいで

ジェソク選手のインスタグラムはどんなのがあるんでしょうか?

試合中などいろんな写真ありますね。

ファンウィジョ選手との2ショットですね、仲がいいのですね、ガンバ大阪の韓国コンビさすがですね。

結婚はしてるの?

オジェソク選手は結婚はしてないようですね。彼女はいるのかどうかわかりませんが。過去に日本の女優で北川景子がすきであるとか言ってるのを聞いたことがありますね。

兵役は?

ジェソクは兵役を免除されているんですね、サッカー選手として結果を残せてよかったと思います。

  • 軍隊: ロンドン五輪で銅メダル獲得により兵役免除

五輪メダルをとれるんは半端ないですね。

ツイッターは?

オジェソク選手もツイッターをされているようですね。

ガンバ大阪垢初めて作りました! ガンバ大阪やJリーグが好きな人他のサポーターの方ぜひフォロー&RTお願いします! #Jリーグ #ガンバ大阪 #藤春廣輝 #天皇杯 #ガンバサポ #オ・ジェソク #RTしてくれたらフォローします

でかまさ@9月1日パナスタ@masa_1991_expo8

試合終了後のジェソク #ガンバ大阪 #FC東京戦 #宮本監督初勝利 #勝負はここから #オ・ジェソク

えあな@to7Kw8RbrFgav2l2017年1月29日

両手でハコみたいなジェスチャーをしながら、楽しそうに喋ってたなo(*・д・*)o 何を話してたのかな? #ガンバ大阪 #GAMBAOSAKA #ごさまる #8日目 #オ・ジェソク #

f:id:chBBplus:20161019171435j:plain

試合の状況とかわかりますね。どんどんツイッターも更新されているようでファンにとっても見ごたえがあるんではないでしょうか?

怪我の容態は?

f:id:bluetears_osaka:20160823085045j:plain

怪我の状態はどうなんでしょうか・

スポンサードリンク

けがへの怖さを乗り越える

 代表合宿前の最後のリーグ戦となった、27日の湘南ベルマーレとのセカンドステージ第10節。オ・ジェソクは一種のトラウマを抱えながら、雨が降る敵地で右サイドバックとして先発している。

またけがをしてしまうのではないか――。実際、濡れて滑りやすくなったピッチは、けがをするリスクが高まっていた。ベルマーレの選手だけでなく自分自身とも、オ・ジェソクは戦っていた。

「3月も代表に選ばれた直後にけがをして、監督やスタッフを含めた全員が僕に対して申し訳なさそうな顔をしていたので……代表に選ばれた嬉しさもありましたけど、それ以上に(ベルマーレ戦では)けがをすることへの怖さもあった。それを乗り越えた自分自身を褒めてあげたいですね」

ベルマーレ戦は開始わずか3分で先制を許した。J1残留へ向けて死にもの狂いで白星をもぎ取りにくる相手の迫力に押されていた流れを変えたのは、オ・ジェソクの右足だった。

前半26分。ハーフウェイラインのやや後方から、絶妙の縦パスをベルマーレの最終ラインの裏へ通す。降りしきる雨で滑りやすくなったピッチの影響でボールはバウンドしてからさらに伸び、FW長沢駿が走り込んでいった地点にピンポイントで落ちてくる。ネットを揺らした鮮やかなダイレクトボレーが、逆転勝利への呼び水となった。

実はベルマーレ対策として、最終ラインからの縦パスを念入りに練習していたとオ・ジェソクは明かす。

「相手の最終ラインは前へ、前へと激しく来るので、それを利用して裏を狙おうと。練習通りのタイミングでシュン君(長沢)が背後に抜け出してくれました。雨で芝生が濡れている条件まで考えて、ワンタッチでパスを出しましたけど、それがゴールにつながって本当によかったです」

後半19分に再び長沢がゴールをゲット。虎の子のリードを、後半終了間際からはDF西野貴治を投入して3バックとして死守する。右サイドバックから右ワイドへポジションを変え、フル出場したオ・ジェソクは試合終了を告げるホイッスルを聞いた瞬間、夜空へ右手を2回突き上げている。

怪我をいったんしてしまうとまた怪我するじゃないかという恐怖に見舞われますね、そういうことを乗り越えていくことがスポーツ選手にとっては必要なんだと思いますね。

双子?

なんとオジェソク選手は双子だったんですね、しかもそっくりですね。

G大阪のオ・ジェソク、実は双子だった!ソックリすぎる

ガンバ大阪に所属するDFオ・ジェソク。今季は初瀬亮の台頭もあったが、ここまでのJ1で26試合の出場している(現在は負傷により離脱中)。日本語が達者でファンから絶大な信頼を得ているそんなオ・ジェソクが、このほど知られざる事実を明かしてくれた。実はオ・ジェソクには双子の兄がおり、その勤務先であり韓国警察を訪問したのだそうだ。で、そのお兄さんとの一枚を見てみると…

流石は双子、こりゃ似てる…!

オ・ジェソクによれば、お兄さんの名前は「オ・ギソク」さん。

Instagramには「全国で市民たちの安全をために働いている警察皆さんの努力に感謝の気持ちを伝えます! オギソク頑張って!」とコメントしている。

似てる似てますね、しかもお堅い警察官とは、まじめなジェソク選手に似てお堅い感じがします。正義感も兄貴ゆずりなんですかね。

加地とは?

こちらが、ガンバ大阪の先輩の加地亮選手ですね。

オジェソクと同じサイドバックの選手だそうですね。

同じガンバ大阪の加地選手にはたいへん恩があるようですね。

「いまの僕があるのは加地さんのおかげ」

 勝ち点22で首位に並んでいた川崎フロンターレと浦和レッズがともに敗れ、勝ち点で2差に肉迫する価値ある白星。しかも、ガンバは両チームとの直接対決を残している。セカンドステージ制覇への可能性をも膨らませた長谷川監督は、目を細めながらオ・ジェソクへエールを送っている。

「今日も最後はへばっていたので、(けがが)心配になったんですけど。いまやれていることが評価されて代表に選ばれたと思いますから、機会があれば自信をもってプレーして、帰ってきてほしい」

ガンバにおけるリーグ戦の出場歴を振り返れば、J2を戦った2013シーズンは5試合しかピッチに立っていない。アキレス腱を負傷したこともあるが、この時期が長谷川監督をして「外国人選手ですから当初はいろいろと苦労した」と言わしめるのだろう。

「日本語の勉強もしていなかったし、正直、僕はいつも一人でした」

オ・ジェソク自身も苦笑いしながら振り返ったどん底の状態で、気にかけてくれたのが加地亮(現ファジアーノ岡山)だった。ちょうど10歳年上で、右サイドバックというポジションも重複する元日本代表を、オ・ジェソクは「一生忘れられない人」といまも敬愛してやまない。

「同じポジションだから競争もあるのに、加地さんは自宅で開催したBBQパーティーに僕を呼んでくれたんです。両親が来日したときには加地さんが経営するレストランでもてなしてくれたし、髪の毛を切りたいけどどこに行ったらいいかわからなくて困っていたときにも、加地さんが経営するヘアサロンを紹介してくれた。本当に僕を支えてくれたし、だからこそいまの僕があるのは加地さんのおかげでもある。最終予選では加地さんのためにも頑張りたい」

BBQパーティーにはガンバのチームメイトも数多く招待されていて、オ・ジェソクが溶け込むターニングポイントのひとつになった。言葉を含めた文化や風習の壁に直面し、本人をして「あまり頑張っていなかった」と言わしめた時期から一念発起するきっかけにもなっている。

チームに溶け込むのに加地選手がかなり気を使ってくれたようですね、恩人となる人が、日本にいたということはすごいことですね。

日本語は?

     G大阪DFオ・ジェソク、日本語がペラペラすぎると話題に

G大阪DFオ・ジェソク、日本語がペラペラすぎると話題に

ロンドン五輪で3位に入った韓国代表メンバーの一人、DFオ・ジェソク。

高い守備力とDFラインであればどこでもこなせる万能性を武器とし、2013年、江原FCからガンバ大阪に加入した。

そんなオ・ジェソクがガンバ大阪のクラブオフィシャル番組「GAMBA FAMiLY」に登場。

自身初となる通訳無しでのインタビューに臨んだのだが、その予告編が公開されている。

日本での生活も4年目に入ったオ・ジェソク。

日本語もかなりのレベルにあるようで、インタビュアーを務める仙石幸一さんとも普通にコミュニケーションをしている。

また発音もネイティブに近く、北川景子さんが出演する映画やドラマを見て日本語を学んだようだ。会話の中では「好きやったんで」と、関西弁が出ているのがちょっぴり微笑ましい。

また、自身に大きな影響を与えた加地亮についても話しており、「サッカーをやめても、死ぬまで忘れられない方ですよね」とコメント。また、送別会では涙したエピソードも明かしているようだ。

オジェソクは日本がとてもうまいみたいですね、日本になじんでいるのも語学力

があるというのは素晴らしいんじゃないかと思います。

難病は?

結構感動てきな話ですね。

ポーツ朝鮮というサイトに、ガンバ大阪のオ・ジェソクの話題が載っていたので訳しておきます。記事タイトルは『命を救った奇跡、オ・ジェソクによって書かれた”希望の賛歌”』でした。なお、朝鮮語はどうしても機械にお手伝いいただくので意訳としていただければ。

手術を成功し終えた後、オ・ジェソク(右)の合宿場所である沖縄を訪れたパク・ソヒョンさん(中央)と婚約者ギムボムジュン氏。

「(オジェソクは)私の人生に希望と光を与えてくれた方です。」

激しい風が吹いていた2016年11月。乾燥した木の枝より痩せ細った体で、パク・ソヒョンさん(36)は、日本行きの飛行機に乗った。元気がなかった。当時、彼女の人生、将来は暗澹たる灰色だった。窓の外の目に入ってきた青い空と日本海は最後の「青い記憶」になるだけだった。パク・ソヒョンさんは珍しい難病「肺高血圧症」の患者である。

2~3年、長くても4~5年と言われていた。パク・ソヒョンさんはちょうどその時期であった。ワラにもすがる思いだった。「あきらめないで」という周りの声さえも力が無くなっていったとき。胸に残っていた最後の「希望」が「絶望」に変わって行っていた。「どうしよう…本当に死が迫って来たなぁ」

絶望的で恐ろしかった。

世界の終わりのような孤独が押し寄せてきた。

何よりもひどく痛かった。

自暴自棄の状態で、大阪国立循環器病院へ入院した。5回の手術を受ける予定だった。最初の手術を控えて担当医が「今日一日通訳をしてくれる韓国人がひとりきます」と話した。ただの学生かなんかが来るのだと思った。

パクさんの前に現れたその通訳はオ・ジェソク(27・ガンバ大阪)だった。

「留学生だと思った。サッカー選手だとはまったく知らず、本人も明かさなかった。」

これが縁の始まりだった。

ずっとサッカーで忙しいオ・ジェソクがどうして病院まで来ることになったのか。それは偶然だった。

実は担当医師と(オジェソクには)接点があった。いつも通う焼肉屋があった。パク・ソヒョンさんの事情は担当医師の口から焼肉店の社長へ、また焼肉店の社長からオ・ジェソクへ伝わりそして心を揺さぶった。

その事情を聞いたオ・ジェソクはチカラになることを決めた。暇が出来るたびに病院を訪れた。そしてとても丁重だった。医師や看護師に「患者をよろしくお願いします」と毎回のように言っていた。日本の番組しか放送されない病室では、患者が退屈だろうとタブレットに韓国のテレビ番組を入れて渡したりもした。

病魔と戦うための基本は食事である。日本の食べ物が口に合わないかもしれないと韓国料理を空輸してもらった。オ・ジェソクは自分の母親に電話をかけて韓国料理をお願いした。パク・ソヒョンさんは「なんというか、完全に別次元の「善良」を感じました。レベルが違った。生まれて初めて見る人に有名選手が身分を明かさないまま、自分のことのように私のすべてを用意してくれた」と語った。

オ・ジェソクは忙しいチームスケジュールの中でも必ず病院を訪れた。他意はなかった。ただ生きてほしいとだけ願った。小さな力でも協力したかった。

切実さが空に届いた。オ・ジェソクを通じて絶望のなかでも希望を見つけたパク・ソヒョンさんの状態は急速に好転した。

パク・ソヒョンさんは「健常者の心電図数値は15~18くらいです。日本に来たとき、私は600でした。血管の90%以上が詰まっていた。ところが、5回の手術をすべて受けて、今では30程度まで低下した」と話した。続けて「オ・ジェソク選手はどんな言葉でどのように表現したらいいのかわからない。私に人生の希望を取り戻してくれた。そして、光があることをもう一度教えてくれた人」と話した。

奇跡、という言葉しか適切な表現がない。この病気で手術を受けた患者は、短い距離をゆっくり歩けるようになるのも滅多に無い。パク・ソヒョンさんはゆっくりと走ることができる。空前絶後のことだった。

もう再び吸えないと思っていた外の空気は、感謝そのものだった。酸素よりも感謝する存在がまさにオ・ジェソクだった。

パク・ソヒョンさんは、新しい人生を得た。彼女は来年2~3回の手術を受けた後、8年間交際している婚約者と結婚する予定だ。オ・ジェソクは将来のある家庭を救った。

しかし肝心のオ・ジェソクは淡々としている。やるべきことをしただけだと話した。彼は「回復して本当にうれしい。痛く苦しんでいる方に、少しでもチカラになることができて良かった。私だけでなく、多くの方々が韓国人患者のために腕まくりしているのを見てジーンとなった」と話し、「ソヒョン姉さんの第二の人生に、幸せで良いことだけがいっぱい訪れるよう心から願っている」と述べた。

オジェソク選手の男気に感動ですね、まだまだこれからのオジェソクに希望が持てます、また韓国の人にたいする意識や見方も変わりますね。

今回は、元日本代表のサッカー選手である元ガンバ大阪の井手口陽介選手について書いていきたいと思います。一時期日本代表として活躍していた...
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.