渡邉千真はガンバに移籍?代理人は?嫁は?年棒は?兄弟は?東口との仲?プレースタイルは?代表歴は?

今回は、ガンバ大阪に移籍で話題のヴィッセル神戸の渡邉千真選手について書いていきたい

と思います。ガンバ大阪の東口と仲がいいというのは本当か?また、インスタや

ツイッターの調べて、嫁や兄弟、家族についても調べてお知らせします。

年棒はいくら位もらってるのかとかもとても気になると思いますので、

また、FWということでプレースタイルも気になると思います。

それでは、そんな渡邉選手の素顔にせまっていきたいと思います。

渡邉 千真 Football pictogram.svg
名前
愛称 カズマ[1]
カタカナ ワタナベ カズマ
ラテン文字 WATANABE Kazuma
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1986年8月10日(32歳)
出身地 長崎県南高来郡国見町(現・雲仙市)
身長 182cm
体重 79kg
選手情報
在籍チーム  ガンバ大阪
ポジション FW / MF (LMF)
背番号 19
利き足 右足[2]日本の旗
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2009-2011 横浜F・マリノス 88 (28)
2012-2014 FC東京 86 (26)
2015-2018 ヴィッセル神戸 114 (34)
2018- ガンバ大阪
代表歴2
2004  日本 U-19
2007  日本 U-22
2010 日本の旗 日本 1 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年8月13日現在。
2

ガンバ大阪に移籍する?

ヴィッセル神戸に所属する渡邉選手ですが、なんと今回ガンバ大阪に移籍

するということです、しかもガンバの長沢駿選手との

FW同士の交換のトレードであるというこにさらに驚きです。

降格寸前のチームに移籍するということで驚きを隠せないですね、サッカー

ファンのみなさんにとっては。

G大阪、FW渡邉千真を完全移籍で獲得!入れ替わる形でFW長沢駿が神戸へレンタル

ガンバ大阪がFW渡邉千真を完全移籍で獲得。ヴィッセル神戸はFW長沢駿が期限付き移籍で加入することを発表した。

ガンバ大阪は13日、ヴィッセル神戸よりFW渡邉千真を完全移籍で獲得したことを発表。さらに、FW長沢駿が神戸へ2019年1月31日まで期限付き移籍することを併せて発表した。

長沢とトレードというのは豪華なことであると思います。

実際、日本代表候補のもなったことのある長身のFWであったためか

結構な活躍がみられます。

渡邉は、国見高校、早稲田大学を経て2009年に横浜F・マリノスに加入。その後FC東京を経て、2015年から神戸に所属。加入初年度にJリーグヤマザキナビスコカップ(現JリーグYBCルヴァンカップ)の得点王に輝いている。今季の明治安田生命J1リーグでは19試合に出場し、4得点をマークしていた。

加入にあたり渡邉は以下のようにコメントしている。

「G大阪という新たな環境でトライさせて頂くことになり、感謝しております。この決断は、とても悩みましたが、自分の今後のキャリアを考え決断しました。自分の決断に誇りをもってチャレンジさせて頂きます。G大阪の渡邉千真を、応援して頂ければ嬉しいです。ファン、サポーターの皆さま、これからよろしくお願いします」

はっきりいっていい環境でないところに入っていってやる勇気はないですね、これから

もっとどん底になる可能性ありますね。

また、神戸を通じては「この度、ガンバ大阪に移籍することになりました。シーズン半ばでチームを離れることに、葛藤はありましたが、自分の今後のキャリアを考え決断しました。クラブがこの決断に理解をしてくれ、感謝しています。素晴らしい仲間とファン・サポーターの皆さまのおかげで、とても幸せな3年半でした。大好きなチームを離れるのは寂しいですが、自分の決断に誇りをもって、新しいチームでも頑張っていきます。チームは変わりますが、温かく見守っていただければ嬉しいです。3年半お世話になりました」と感謝の言葉を残した。

そして、長沢が渡邉と入れ替わる形で神戸に期限付き移籍することが決定。清水エスパルスの育成組織の192センチ長身FWは、清水をはじめ、ロアッソ熊本、京都サンガF.C.、松本山雅FCの期限付き移籍を経て2015年からG大阪に所属。2015年の天皇杯優勝にも貢献した。今季はリーグ14試合・1得点の成績を残している。

長沢はG大阪を通じて「ヴィッセル神戸に移籍することになりました。チームが難しい状況でこのような決断をしたことは、申し訳なく思っています。ガンバの一員としてプレーできて、一緒に戦えたのは僕の誇りです。チームは変わりますが、うっすら『あいつ頑張ってるな』と思って貰えるように頑張ってきます」と新天地での活躍を誓った。

長沢がガンバにとって脅威になることはわかっています、

きっと体のように大きな壁になってたちはだかることでしょう。

神戸を通じても「ガンバ大阪から加入しました長沢駿です。ヴィッセル神戸のために、自分が持っているものを全て出し、チームのために全力で戦いたいと思います。早く認めてもらえるように結果を出していきたいと思います。応援よろしくお願いします」と決意を語っている。

出場機会を失っていた神戸にいるよりも、レギュラーをとれそうな

ガンバを選んだとうことでしょうか?イニエスタ、ポドルスキーのいる

神戸では、試合に出れる機会が減ったといったとしても過言ではないですからね。

年棒はどのくらいまた代理人

スポンサードリンク

渡邉千真の年俸

2016シーズンは5000万という金額でした。

そうとは思わない、5000万なんてサッカー選手の中では高額である、

高すぎるのではないか。

J1の中でも強豪で、優勝争いの可能性のある
チームに所属しておきながら、あまり高い金額では
ないですね。

しかも元日本代表なのにです。

サッカーは選手生命が短い割に
安いですね。

一般人に比べれば破格の金額ですが
引退後は生活が保証されていませんので
今のうちに稼いでおきたいところです。

嫁や兄弟は?

渡邉千真の嫁

一般人の女性で詳細は伏せられています。

交際してちょうど2年の時に
2人は結婚しました。

それ以外は全く情報がないですね・・・(涙)

情報がないくらいプライベートを管理していればいいのではないか

スポンサードリンク

そのくらいでないといけない。

ピッチ外では全然話題にならない選手なので
無理もないかもしれませんが・・・。

人間性をネルシーニョ監督に買われて
キャプテンになったので嫁さんも
中身が素晴らしい人間と勝手なイメージがあります(笑)

FC東京は5日、FW渡邉千真が同日、入籍したと発表した。お相手は一般女性のため、氏名、年齢等の公表はしないとしている。

クラブを通じ渡邉は「この度、本日4月5日に入籍しました。お付き合いさせていただいてちょうど2年である記念日に結婚できて、大変幸せに思います。愛する家族のため、より一層サッカーに打ち込んでいきます。これからも変わらず温かいご声援をよろしくお願いいたします」と喜びのコメントを残している。

おそらく一般女性と結婚したのだと思うがどうなんだろうか?

弟???

【Jリーグ】Jリーガー渡邉兄弟に動き…大宮の渡邉大剛は契約更新、弟の渡邉千真は神戸へ移籍

スポーツ 短信

意外に多い兄弟Jリーガー。例えば、双子で有名な佐藤兄弟<勇人(千葉)・寿人(広島)>森崎兄弟<和幸・浩司(ともに広島)>、遠藤兄弟<彰弘(元マリノス)・保仁(ガンバ)、巻兄弟<誠一郎(熊本)・佑樹(元名古屋)>などがいる。そんなJリーガー渡邉兄弟に動きがあった。大宮アルディージャは1月7日、公式フェイスブックにて渡邉大剛との2015シーズンの契約を更新すると発表した。
弟もサッカー選手というのはすごいことですね、なかなかいない環境にありあすね。

ヴィッセル神戸も1月7日、公式フェイスブックにてF東京から渡邉千真が完全移籍で加入すると発表。

潤沢な資金力を持つ神戸は大宮の高橋祥平、鳥栖の安田理大を補強しており、渡邉の加入で2015年の戦力がグレードアップし、昨年を上回る順位が期待できる

ステージはJ1とJ2で違ってしまうが、国見魂を受け継ぐ渡邉兄弟の動向にぜひ注目してほしい。ちなみに、渡邉兄弟はとても仲が良く、ブログなどで二人で写る写真を見ることができる。

しかも兄弟のなかがいいとうのはすごいことですね。

プレースタイルはどんな?

優れたシュート技術と圧倒的なパワー

渡辺千真の第一の武器は多彩なシュート技術にあります。「シュートには自信がある」という本人の言葉通り、シュート精度の高さとテクニックは図抜けています。バイタルエリアでボールを持てば危険な存在で、半径20m圏内をシュートレンジにし、右足一閃の強烈なミドルシュートをネットに突き刺します。

ペナルティボックス内では無類の強さを発揮し、DFを背負いながら反転して即シュート!クロスボールに対する空中戦は滅法強く、ファーサイドでDFと競り合いながら叩き込む打点の高いヘッド、接触を怖がらずにニアサイドに飛び込むダイビングヘッドのパワーは圧巻です。GKと1対1も落ち着き払い、ループシュート、股抜きシュートなど豊富なアイデアとテクニックでゴールを量産します。

オールラウンドプレイヤー的な選手であることはわかりますね、どんな体制から

もシュートがうてるような人間はすばらしいですね。

パワー、スピード、技術、全てを備える万能型

強靭なボディコンタクト、爆発的なスピード、シュート技術、全てを備えた万能型FWです。スピード溢れるドリブル突破からシュートに持ち込むプレーも得意とし、ディフェンスラインの裏でボール受ける動き出しも巧く、個人でも組織でもゴールを取ることができるプレーヤーです。

現代表の前田遼一の特徴がポストプレー、ハーフナー・マイクの特徴が空中戦にあるとしたら、渡辺千真のプレーの特徴はゴールに直結する動き出しの速さにあると思います。ボールを持てばとにかくゴール、先ずゴールを見て第一にシュートを選択します。シュートができなければパスかドリブル、そしてまたシュートコースに入って行く。この動きをしつこく繰り返すことでゴールを生み出す、真のストライカーです。

裏にねけだすのもうまいとなるとなかなかの人材ですね、日本代表になれるのも

わかるような気がします。

代表はいたの

代表歴
2010年:日本代表
2010年1月6日イエメン戦A代表デビュー

岡田監督の時にいたのですね、そう簡単に代表に定着しきれなかったのが

悔やまれますね。

東口との仲は

スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.