中川寛斗は結婚してるの?身長は?出身高校は?日本代表は?

中川寛斗選手、の身長はなんと155cmと小兵!!!Jリーグの最小の選手なんですが、なんか母性本能ではないですが、とても応援したくなるそんな選手です。今回は中川選手を紹介したいと思います。いそっぺFCです。身長がなんとjリーグ一の小兵選手です。その身長は155センチなんです。背の高い選手の多いサッカーにおいては不利になってしまいますね。

19
MF
Hiroto NAKAGAWA
日本
生年月日 1994.11.03
年齢 23歳
身長 155 cm
体重 57 kg
出身地 埼玉県
利き足 右足

 左WG  CF  右WG

中川寛斗選手の嫁や子供はいるの?高校時代が凄い!プレースタイルや評価についてもすごい!ぜひ日本代表に小さくても存在は巨人

小さな巨人として柏レイソルに所属しMFとして活躍する

中川寛斗選手とは

中川選手の身長にフォーカスしますと、なんと155センチという大変、身長が低いのが特徴です。まるでfCバルセロナのメッシ選手のように身長が低いため、身長を伸ばすための、薬を投入することをすすめられたそうです。

いわゆる身長が伸びないという病気を治療するためですね。

本人は「自分の最も好きなところは身長という前向きな捕らえ方で自分の短所

としてではなく逆手にとって自分の長所としてとらえているのはすばらしいですね。

しかし、中川選手は、親からもらった大切な体を

大事にして」大切にしていきたいという思いから、

治療はしなかったということです。

小柄なサッカー選手でも、メッシ選手をはじめ、プロで活躍する選手は珍しくありませんが、160を切るほど小さな選手はなかなかいないでしょう。

平均身長が178センチをこえるJリーガーというジャンルにおいて

160センチを切る選手はなかなか珍しいと思いますね。

メッシやイ二エスタといった小柄なサッカーの選手も

現在はいますが、なかなかここまでの小兵選手はいませんね。

、中川選手の嫁や子供とは、プレースタイル、高校時代のエピソードに迫っていきます。詳しく説明していきますね

中川寛斗の嫁は芸能人?子供いるの?

中川選手の嫁についてなのですが、ファンの間では「嫁は芸能人?」なんてことを調べている方も多いようですが、全く違います。

お相手の女性は一般女性の方で、公式の本人のコメントにも「一番近くで支えてくれた彼女」とあるので、学生時代から付き合っていた人なのかもしれませんね。

2017年3月31日に結婚すると、4月の試合ではプロ初ゴールを決めるなど活躍が続いており、やはりプライベートの安定はスポーツ選手に良い影響を与えていると言えるでしょう。

ところで、なぜ嫁が芸能人などというような噂が出真下がサッカー選手が芸能人と結婚するのはあるあるなので

どうしてか調べてもわかりません、情報は見つかりませんでしたが、サッカー選手と芸能人の熱愛はよくある話なので。

しかし、柏レイソルのチームメイトには、芸能人と結婚する選手も多く、バドミントン元日本代表の潮田玲子さんと結婚した増嶋選手や、タレントの佐藤弥生さんと結婚した栗澤選手などがいます。

サッカー選手と芸能人と結婚する選手のイメージがファンの方の誤解を生んでしまったのかもしれません。

子供は結婚してまもないのでまだのようですね、できちゃった婚では

まったくないですしね。

男の子が産まれたらサッカー選手になるんでしょうかね。

今後の報道を楽しみにしています。

子供ができたからといって安易にサッカーをやらせればいいってもんじゃないでしょうが、

高木俊幸さんのように、父がプロ野球選手のような例もあります。

こどもにサッカーやらせればいいってもんじゃないでしょ。

スポンサードリンク

なんと中川選手のおくさま、夏月さんです。

身長は」165cmだそうで、中川選手より10cmも背が高いです。

スタイルは抜群にいいおくさまです。

お二人の血を掛け合わせればきっといい子供ができますね。

スポンサードリンク

中川のプレースタイルと評価について

それでは中川選手のプレースタイルについて紹介します

やはり、小さな体格を活かした俊敏さが持ち味であり、相手のDFラインとボランチとのギャップを狙って動き回り、ボールをもらう機会が多いですね。

そして、それを可能にする運動量の豊富さも持ち味で、相手DFがボールをもったときから素早く守備に周り追いかける姿に、味方選手は助けられていることでしょう。そんな献身的な守備にも注目です。

こうした献身性は前に所属していた湘南ベルマーレの曹監督の下で培われたようで、現在所属している柏では、チーム内のスプリント回数は毎試合のようにトップを記録しています。

プレー集動画がこちら。

中川の}豊富な運動量」から彼のチャントには「走りまくれ〜」という歌詞がありますまるで彼のスタイルをよくあらわしています。

そして、中川選手本人も「小さなときから考えてプレーするようにしている」と言うように、小さな体格のハンデを感じさせないようなポジションどりやボールコントロールの正確さはあのメッシ選手を彷彿とさせますね。

さて、そんな中川選手の評価ですが、柏レイソルでは下平監督の評価を勝ち取り、ハイプレス戦術の一番手を担っています。

チーム戦術に欠かせない存在になっているということは、監督からもチームメイトからもその働きが評価されている証拠と言えるでしょう。

155cmながらJ1でスタメンでプレーしているだけでも、その苦しみはすごいものがあるし、テクニックも含めてそうとうな技術の高さをもっているのかなとおもいます。

日本代表のハリルホジッチ監督の評価や現在の森保監督とかどういう感じにとらえているのか?、情報はないでしたが。これからの活躍と躍進に期待していきたいですね。

高校時代は世代別の日本代表?

中川選手ですが、高校時代から活躍を見せており、世代別の日本代表として、数々の大会に出場し、ゴールもあげています。

U-18柏レイソルユース所属時に、U-17日本代表として第15回国際ユースサッカー大会に出場したほか、U-19日本代表として、スペインで行われたアルクディア国際ユーストーナメントにも出場しました。

同年代には日本代表にも名を連ねるDF植田直通選手や中島翔哉選手(FC東京)などもおり、中川選手も同じ舞台に立てる選手といえるのではないでしょうか。

残念ながらいま22歳ということで、4年に一度のオリンピックには縁のない世代になってしまったのは非常に残念ですね。

しかし、過去にもドルトムントの香川選手やテネリフェの柴崎選手のように、出場できなかったことを意に介さず、ヨーロッパの舞台で活躍する選手もいます。

そういった先輩の姿を目指しつつ、同年代のライバルに追いつき追い越せの精神で、これからさらに成長を重ねてほしいものです。

以上、柏レイソルで活躍する中川寛斗選手についてお伝えしました〜

結婚して、さらにサッカー選手としての飛躍が期待される中川選手。その小さい体で広いピッチを動き回る姿はこれから何度も見られると思います。

特に身体の大きくない小中学生のサッカー少年たあたには、彼のプレーは勇気やアイデアを与えることになるでしょう。

それによりさらにサッカー人口が増えればなお良いですね〜

今後のプレーに注目です。

中川寛斗はしりまくれ~~~

155㎝のJリーグ最小選手ですが、技術やスタミナはトップクラスです。

ぜひ日本代表とかにも入ってほしいです。

柏レイソルだけでなく日本中が中川選手を応援するようになればいいのにね。

中川選手のプレースタイル運動量は抜群ですね、

本当に身長が高ければもっと代表にも選ばれるのにというような感じですね。

今回はサンフレッチェ広島の川辺駿について書いていきたいと思います。川辺選手には彼女はいるんでしょうか?また年棒はどのくらいもらってるんでしょ...

スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.