丸藤正道の嫁は?年収は?不知火、髪型は?入場曲は

丸藤正道の結婚相手の嫁とは?入場曲や虎王とはなになのか?

「方舟の天才」
そんな異名を持つ、丸藤正道をご紹介します。

数多くの技を使いこなし、様々な団体のベルトを手にします。

丸藤選手は本当にイケメンレスラーとして第一線で活躍してきましたね、年齢も重ねるにつれこれからもまだまだ日本のプロレス界を支えてくれるのではないかと思いますね。

元はジュニアのスターなの

なんとメジャー団体でのベルトを
全て戴冠する唯一の選手なんですね、ジュニアのベルトなんですけど。
全日本、新日本、プロレスリングノアの3団体で
メジャー3団体では、ジュニアのベルトをすべて巻いてるんですね。
まさに箱舟の天才レスラーなんです。

そして、イケメンレスラーとしても有名です。

さらには、輝かしい経歴として

なんと29歳でプロレスリングノア副社長に就任したこともあります。若き実力

派の選手だったんですね。

リング外でも大活躍で、飲食店の社長も勤めています。

そんな、実力も権力も持ち合わせたイケメンレスラー
丸藤正道選手はどんな選手なのでしょうか?

出展元:http://dx-sp.gsj.bz/images/noah/meikan/marufuji.jpg

丸藤正道の結婚は嫁は?

イケメンで、才能あふれる丸藤 正道選手は、コレだけイケメンであると独身

ということはさずがにないですね。
もちろんご結婚しているようですね。

2005年、
丸藤 正道選手25歳、
お相手の村中さとみさん22歳でした。

お相手の村中さとみさんは一般の方で、
1年半の交際の末にゴールインしてようです。

イケメンプロレスラーなのに、
なんて真剣でまじめなお付き合いなんでしょう。

しかも25歳という比較的若く結婚されたので、
当時女性ファンはさぞ、悲しんだことでしょう。

当時の丸藤はイケメンレスラーとして絶頂でしたので相当ですね。

丸藤正道の入場曲

丸藤正道選手の入場曲といえば「HYSTERIC」です。
ノリノリの曲調で入場から観客の心をドキドキ、
わくわくさせる素晴らしい曲です。

出展元:https://www.youtube.com/watch?v=e7U5MwMGUTM別バージョン「HYSTERIC Trance バージョン
もあります。

スポンサードリンク

出展元:https://www.youtube.com/watch?v=Jn2O45f2eYIあなたのお気に入りはどちらでしょうか?

ちょっと昔風の音楽なんですがこれでいいのでしょうかね。

丸藤正道の虎 王とは?

丸藤 正道選手の必殺技に「虎王」があります。

「こおう」と読みます。

空手の二段蹴りのような技です。

左足を振り上げて、すぐに右足を相手に突き刺します。

躍動感とともに破壊力のあるかっこいい必殺技です。

それにしても変わった名前ですよね?

実はこの名前、丸藤 正道選手の好きな漫画から
拝借したとのこと。

その漫画とは

「餓狼伝」

やはり、好きな漫画も格闘技なんですね!

これらの技を操るのは相当難しいのではないでしょうかね?

丸藤正道はタトゥーがかっこいい?

丸藤正道選手の試合や画像を見ているとタトゥーを
しているのを見かけます。
ただ、タトゥーがない映像や画像も見られます。

最近の試合を見てみてもタトゥーは見られません。
ということは・・・・

過去のタトゥーはペイントかシールということになります。

賛否が分かれるところだと思いますが
私はかっこいいと思います。
たくさんのタトゥーが彫られた選手は、かっこよさよりも
怖さ、素行の悪さを感じてしまいます。

その点ペイントかシールでファッションとして体に装飾をする
丸藤 正道選手は、おしゃれでイケメンだと再確認しました。

おそらく人気のレスラーによくみられるペイントなんでしょうね。いろんなことが考ええられますが、刺青のイメージはあんまりないですね。

丸藤 正道の試合動画

丸藤 正道選手の試合動画をご紹介します。
2015年鈴木みのる選手とのGHCヘビー級タイトルマッチです。
前述の虎王の連発や不知火など
丸藤 正道選手必殺技のオンパレードです。
さらに、珍しい
トゥームストーンパイルドライバーも見ることができます。

フィニッシュはエメラルドフロージュンで、王者鈴木みのるから
ベルトを奪還します。

最後の畳みかける展開は胸が熱くなります

でもやっぱり丸藤選手といえば不知火ですね、空中で一回転して敵を倒す牛若丸のような華麗な技ですね。こんな華麗な技が使えるのも彼だけなんではないでしょうか?

PRO-WRESTLING NOAH Autumn Navigation ’06 10.29 日本武道館大会 [ 丸藤正道 ]

なんとジャイアント馬場の最後の弟子、いわばカバン持ちなんですけどですね。

ともいわれる丸藤 正道選手なんですね。馬場の付き人をやったこともあるんでかつての馬場全日を継承者でもあるんですね。

多彩で華麗な技の数々と端正なマスク

そして団体を引っ張るスター性、

プロレスリングノアを今以上盛り上げてくれることでしょう。

そして、プロレス界でこれからも旋風を巻き起こしてくれるはずです。

これからも天才、丸藤 正道選手に注目ですね。

年齢を重ねても華麗な空中殺法はいまだ健在ですね、膝の怪我とかも心配なんですが、まだまだノアのトップとしてひっぱっていってくれることでしょうね。

体重を増やしてのジュニアからヘビーの転向したところなんかも、三沢光晴を真似たようなところも見受けられますね。いずれにしてもまだまだこれからのレスラーとしての伸びていく感じはするのでがんばって欲しいところですね。

これからの丸藤には期待ですね。

今回は、元プロレスラーの高田延彦について書いていきたいと思います。高田選手の身長は何センチなんでしょうか?身長をごまかしているという...
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.