ファンウィジョは、彼女いる?年棒は?身長は?大学?兵役は?

ファン・ウィジョの彼女や結婚は?兵役はいつ?プレースタイルや年俸も調べてみました。

ファン・ウィジョ今回はガンバ大阪に新加入が決まったその後に欧州に移籍することになるんですが。

ファン・ウィジョ選手の動向はそうなるんでしょうか?

今回はJリーグのガンバ大阪で活躍ちゅうのガンバ大阪のファンウィジョについて書いていこうと思います。

ファンウィジョについて紹介します!

韓国代表フォワードのプレースタイルや年俸についてまとめ、ガンバ大阪にフィットするか考えてみます。

また韓国人選手特有の兵役事情についても調べてみました。

また気になる彼女や結婚についても迫りますので、最後までご覧ください!

ファンウィジョの彼女や結婚の噂は?

韓国代表フォワードで長身韓国男子でイケメンのファン・ウィジョ選手なんで絶対もてるはずなんですけどね、

ですので当然、モテると思うので当然に彼女とかいるんじゃないですかね。結婚とかももうしてるんじゃないかなとか思いますね。

ただ、現在ネットでは結婚したとか、彼女がいるとかいう情報はなかったですね。

なので結婚もまだなのかなと思いますね。

これから日本でのインタビューなどから明らかになるかもしれません。

ガンバ大阪は人間性も含めて評価してるし、実際にお人柄も素敵ですね、ファン・ウィジョ選手と結婚したいという女性の方も多いと思いますので日本人女性との結婚もあるかもですね、まあ韓国の人と結婚したほうがいいかもしれませんがね。

兵役はいつ?

韓国には兵役制度があるので、男性は28歳になるまでに2年間の兵役の義務を負わなくてはいけません。

かつてはガンバ大阪のイ・グノ選手、サガン鳥栖のキム・ミヌ選手などが兵役のために韓国へ帰国を余儀無くされていますが

スポーツにおいて特別に国に貢献したとされる選手は4週間の兵役に免除されます。

ファン・ウィジョ選手の世代でいうと2014年アジア大会優勝、2012年ロンドン五輪の銅メダルを獲得したメンバー(ク・ジャチョル選手、チ・ドンウォン選手 、チャン・ヒョンス選手)などは兵役を4週間に免除されていますが、ファン・ウィジョ選手はこれらの大会に参加しておらず、免除は受けられません。

ガンバ大阪でいうとオ・ジェソク選手は免除されていますね。

年齢的にラストチャンスは2018ジャカルタアジア競技大会での金メダルを獲得することが唯一の免除を受ける方法ですね。

アジア大会は日本代表も含め海外組はもちろんオリンピック世代で臨む国も多いので韓国だけが本気モードで来ますから優勝の可能性はかなりありますね。

しかし、優勝を逃すと免除が無理となるのでファン・ウィジョ選手の選べる選択肢は3つしかありません。

kリーグに所属する軍隊チームに入団してサッカーを続けるか、一般軍人になるか、他の国籍に帰化するかです。

多くの韓国人のサッカー選手は軍隊チームでサッカーを続けることを選択をしますが入隊元年にkリーグに所属する必要があるため、27歳までに帰国しなければなりません。

2017年現在24歳のファン・ウィジョ選手は27歳には韓国に戻ることになるでしょうから、ガンバ大阪でのプレーは2、3年間になるでしょう。

日本で働く韓国人の方は日本に帰化する選択をすることもありますが5年間日本で働いた実績が必要なのでファン・ウィジョ選手はあり得ないですね。

プレミアリーグのトッテナムで活躍するソンフンミン選手も同じ世代なので軍隊チームで競演するかもしれませんね。

プレースタイルは?ガンバでの年俸についても

ファン・ウィジョ選手のプレースタイルを書いていきたいと思いますね。

ポジションはフォワード。

プレー動画はこちら

身体能力の特徴は

・長身
・長身選手のわりに素早く動ける
・長身選手に似つかわしくない運動量

が挙げられます。

攻撃面での特徴はというと

・前へのドリブルでの推進力
・左右両足から放たれる強烈なシュート
・ヘディングの高さ
・背後への動きだし

が挙げられますね。

長身選手というと体の大きさを生かして相手を背負ってポストプレーというタイプが多いですが、ファン・ウィジョ選手の場合はどんどんどんどん前を向いて進んでいく選手ですね。

アタッカータイプの選手といえます。

韓国では長身選手なのにアタッカータイプの選手という共通点で安貞桓2世とも呼ばれているそうです。

このプレースタイルはガンバ大阪にフィットでしょう。

ファン・ウィジョ選手は2年前くらいからガンバ大阪に移籍という噂もありましたし、時間をかけて見極て獲得しましたし、それだけ欲しかった選手なんだと思います。

また、ガンバ大阪は長谷川健太監督のもとでパスサッカーからカウンターサッカーになってきていて少ない人数で点を取るサッカーになっているため、前を向いてドリブルで運んで行くタイプのフォワードはチームスタイルに合っているといえますね。

ガンバ大阪は宇佐美貴史選手とパトリック選手の2トップのようにどちらも前を向いて仕掛けるタイプを併用していた時期にJリーグ優勝しているので
アデミウソン選手とファン・ウィジョ選手の2トップで黄金期をもう一度作り上げることができるのではないでしょうか。

ガンバ大阪での年俸ですがファン・ウィジョ選手はkリーグ2部の城南FCからの移籍なので移籍金も年俸もそれほど高くはないと思います。

移籍金は1億円、年俸は5000万円程度でしょう。

Kリーグは昨年全北現代の審判買収が発覚し、お金を渡したとされるスカウトがスタジアムで自殺したとされる事件もありましたが

財閥系企業に対する風当たりの強さ、経営不振により、スポンサード収入が減少していてJリーグは対照的にDAZNマネーで潤ってきているので、しばらくはトップレベルの韓国人選手をJリーグクラブが獲得する流れは続くのではないでしょうか。

欧州移籍?

いかがでしたか?ガンバ大阪での活躍が期待される新加入のファン・ウィジョ選手を紹介しました。まあそのご欧州移籍を実現させるのですが。

そのごは韓国代表に入っていて当然という印象を受ける力のある選手であり、韓国代表の常連になっていますね。

2017シーズンからJリーグは賞金が格段に上がったので補強は活発ですね。

ファン・ウィジョ選手がガンバ大阪をJリーグで高みにあげていくことに執念

を燃やしていましたね。

その後にフランスのボルドーに移籍してくわけですが、韓国代表としての活躍や

Jリーグでの活躍をかんがえれば当然ですね。

欧州移籍も視野に入ってるファン選手、ガンバにいる間にサッカーファンの人は要チェックしなければ、後悔しますね。これからもファン選手の活躍を期待してやみませんね。

ガンバ大阪を離れるなんて考えたことない」韓国代表FWファン・ウィジョ

アジア大会では9得点を決める活躍で韓国を金メダルに導いた(写真:ロイター/アフロ)

 今季、リーグ戦の真っ最中、ファン・ウィジョはガンバ大阪を一時、離れることになった。8月に開催されたジャカルタで開催されるアジア大会に出場するためだ。

上位進出のためにも、貴重な得点源を手放すのはチームにとって、苦渋の決断だったに違いない。だが、ファン・ウィジョは韓国代表に不可欠な選手ということで、G大阪は彼をアジア大会に送った。

オーバーエイジ枠にはファン・ウィジョ以外に、トッテナムのFWソン・フンミン、ロシアW杯で活躍したGKチョ・ヒョヌ(大邱FC)が選ばれ、U-23以下の選手の中にはFWファン・ヒチャン(ハンブルガーSV)や”韓国のメッシ”と呼ばれるイ・スンウ(ヴェローナ)も選出された。

金メダル獲得に向けた本気度は、メンバー構成からしても明らか。表面的な目標こそ優勝だったが、金メダルを獲得することで”兵役免除”の恩恵を受けられるというもう一つの大きな目的もあった。

ただ、Jリーグで絶好調のファン・ウィジョに向けられた韓国国民の目は懐疑的なものだった。「ほかの若手の海外組を呼ぶべきではないのか」――。

さらには、アジア大会代表を率いるキム・ハクボム監督が、城南FCを指揮した時代に重宝したFWだからと、“コネ選出”したとの批判まで始まった……。そんな状況で、ファン・ウィジョはアジア大会を戦っていた。

※インタビュー前編:「遠藤保仁選手は視野が広く頼りになる」韓国代表FWファン・ウィジョ(ガンバ大阪)インタビュー前編

スポンサードリンク

U-21日本代表は自信にあふれていた

――アジア大会の話を聞かせてください。金メダルを獲得して、自身も9得点でオーバーエイジ枠の選手としてもしっかりと役割を果たしましたね。

大会を振り返ってみても、とても満足する結果を残せたと思います。試合が始まる前からの目標は金メダルでした。FWとしてゴールを決めて勝利に貢献することができましたし、大きな自信を得た大会でした。

――決勝戦で戦ったU-21日本代表ですが、誰か印象に残った選手はいましたか?

今回、戦ったU-21日本代表は3バックを採用するチームでしたが、試合を重ねるごとに成長していたと思いました。実際、私たちよりも若い選手でしたが、チーム全体が自信にあふれていましたね。それにとても落ち着いてプレーしていることには驚きました。負けないという気迫もありましたし、本当にいいチームでした。

――Jリーグ期間、特にガンバ大阪としては残留争いの最中だったので、大事な得点源をアジア大会に送りたくなかたったと思います。当時、チームとはどのような話し合いをしたのでしょうか?

スポンサードリンク

チームは私にはとても良い機会ということで、快くアジア大会に送ってくれました。チームが苦しい時期に送りだすのはすごく難しい話になると思っていましたが、最後には「金メダル取って帰ってこい」と気持ちよく送り出してくれたんです。チームにはとても感謝しています。だからこそ結果を残さないといけないという気持ちになりましたし、実際に金メダルを取って帰ってきたら、クラブ関係者や選手たちも喜んでくれて、うれしかったですよ。

「アジア大会ではゴールを決めることで認められると信じてプレーした」と語るファン・ウィジョ(筆者撮影)
「アジア大会ではゴールを決めることで認められると信じてプレーした」と語るファン・ウィジョ(筆者撮影)

批判はゴールで変わると信じた

――アジア大会前、ファン選手をオーバーエイジ枠で選出したことで、韓国の世論がざわつきました。アジア大会で代表を指揮したキム・ハクボム監督が、城南FC監督時代にファン選手を使っていたことから、“コネ選出”との批判がありました。そうした批判は耳に入っていたのでしょうか?

ええ。私ももちろんそのことは知っていました。ただ、できるだけ周囲の声を耳に入れず、そこに神経を使わないようにしました。試合に勝つことが大事なので、自分のコンディションを維持することだけに集中して試合に臨むように心がけました。とにかく目標の金メダルを取ることができれば、自分に対する批判も変わると信じていました。実際、ゴールをたくさん決めたことで、周囲の目は大きく変わったと思いますし、それが高く評価してもらえるならとても光栄なことです。

――日本でもたびたび報じられていたのが、韓国がアジア大会で優勝すると“兵役免除”を得られるという話です。韓国のプロサッカー選手、ひいては各競技の代表選手にとってはかなり大きな動機になると思います。

 仮に私が兵役免除の恩恵を受けていなければ、来年、私は軍隊に行くことになっていました。今回は運よくアジア大会に出場することができたということ。それに、優勝した延長線上でその恩恵を受けられたわけです。途中で敗退していれば、それは叶わなかったわけです。ただ、現在の良いコンディションを維持しながら、今後もプロサッカー選手として専念できる状態が続くことは、アスリートにとってとても大きなことだと思います。

(※五輪は銅メダル以内、アジア大会金メダルで約2年の兵役免除の恩恵を受けられる)

――アジア大会では、プレミアリーグのトットナムでプレーするソン・フンミン選手とも一緒にプレーしました。彼はどのような選手でしょうか?

彼とは同い年で仲の良い友達ですが、すごい選手ですよ。みなさんご存知の通り、プレミアリーグでも活躍していますし、アジア大会では自分の欲を表に出すことなく、チームのために献身的にプレーしていました。守備も積極的にしていましたからね。相手の守備は必ず彼を警戒するので、私にスペースがたくさんできたおかげで、ゴールをたくさん決められたと思います。

――セリエBのヴェローナでプレーするイ・スンウ選手とは、アジア大会期間、同じ部屋だと聞きました。日本では“韓国のメッシ”と知られていますが。

“韓国のメッシ”って誰がつけたんですかね(笑)。でも、韓国サッカー界でも期待されている存在であるのは間違いありません。一緒に生活しましたが、彼は韓国にはなかなかいないキャラクターです。明るく快活な性格ですし、そうした性格がプレーにも現れていると感じます。まだ20歳と若いですが、本番になってもガチガチに緊張をするようなタイプでもありませんし 物怖じしない。そういう意味ではいいプレーがたくさんあったと思いますね。それに試合前はしっかりと準備する選手で、サッカーに対する勉強や研究もたくさんしている選手です。

FWの守備で安定感が生まれる

――ファン・ウィジョ選手は2013年から2017年途中までKリーグの城南FCでプレーしましたが、JリーグとKリーグのサッカースタイルに違いはありますか?

Jリーグは細かいパスプレーを重視し、Kリーグはスピードとフィジカル重視するスタイルが特長だと思います。ただ、そこまで大きな違いがあるのかというと、そうでもありません。どちらが優位だということではなく、スタイルの違いでしかありません。私が韓国でプレーしていた時の特長を生かしつつも、日本のサッカーにどれだけ合わせていけるのか。その能力は求められると思います。今はKリーグとJリーグで経験したものを生かして、もっといいプレーができるように努めているところです。

――ファン選手は前線から積極的にボールを取りに行く意識が高いと感じます。そのスタイルは韓国にいたときから変わらないのでしょうか?

フォワード(FW)が前線からプレスをかけることで、中盤にも安定感が生まれると私は思うんです。ミッドフィルダー(MF)も守備をしっかりとすることで、最終ラインにも安定感が増すと思います。ゴールキーパー(GK)もそうです。守備はFWから始まるという意識は常に持っています。韓国でもそうでしたが、前線から積極的にボールを取りにいくことで、失点が少なくなる試合が多かったです。FWとしてゴールを決めることがもっとも大事ですが、守備意識を高めるのはとても大事なことだと思います。

「残りの試合でももっとゴールを量産してチームをJ1残留に導きたい」と熱く語ってくれた(写真提供・GAMBA OSAKA)
「残りの試合でももっとゴールを量産してチームをJ1残留に導きたい」と熱く語ってくれた(写真提供・GAMBA OSAKA)

――かつてJリーグで活躍したチェ・ヨンス(ジェフユナイテッド市原、京都パープルサンガ、ジュビロ磐田)やファン・ソンホン(セレッソ大阪、柏レイソル)など、「韓国の伝統FWが登場した!」と言われています。そのことについてはどう感じていますか?

チェ・ヨンス氏、ファン・ソンホン氏は共に韓国を代表するストライカーでしたが、そのような選手と比較され、評価されるのはすごく光栄なことです。Jリーグでもたくさんゴールを決めてチームに貢献した選手と知っていますが、もっと努力してそうした偉大な先輩たちに一つでも近づけるように頑張りたいですね。

ケインやベンゼマの動きを見る

――同じFWで動きなどを参考にしている選手はいますか?

海外の試合映像をたくさん見て、FWの動きを参考にしました。ゴールする瞬間の動きですね。ボールがないところでのポジショニングや動き出し方、タイミングなど、実際に試合中に試しながら、自分の感覚を研ぎ澄ませています。名前を挙げるなら、トッテナムのハリー・ケイン選手、レアル・マドリードのカリム・ベンゼマ選手の選手の動きはよく見ています。

――アジア大会での活躍もあり、9月の国際親善試合(コスタリカ、チリ)では約1年ぶりにA代表にも復帰しましたね。

代表に久しぶりに声がかかったのはもちろんうれしかったです。それに、コンディションも良かったので、ある程度できる自信もありました。コスタリカに2-0で勝ち、チリに0-0で引き分けましたが、自分がゴールを決められなかったのは悔しい。また10月に親善試合がありますが、まだ呼ばれるのかは分かりませんが、とにかく今はJリーグで結果を残すことが大事だと思います。いいプレーを続けていれば、代表にはまた呼んでもらえるでしょう。

――韓国代表の新監督にパウロ・ベント監督が就任しました。2010年から2014年までポルトガル代表監督を務めた方ですが、9月の国際親善試合ではコスタリカ戦とチリ戦で指揮をとりました。何か感じることはありましたか?

第一印象はとてもカリスマのある監督だということ。それに、韓国サッカーを未来に向けて成長させていく気持ちの熱い監督だと思いました。指導も一つ一つが細かくて、本気で取り組む姿勢が選手にも伝わっていると思います。4年後のワールドカップ(W杯)に向けて、計画的にチームを成長させてくれるとみんなが期待していると思います。

チームを離れるなんて考えたことない

――アジア大会やJリーグでの活躍が認められ、サポーターやファンの間では「いずれチームを去るのではないか」と心配している人も多いと聞きます。

はは、どこも行きませんよ(笑)。チームを離れるなんて考えたことありません。とりあえず今はJ1に残留できるように頑張らなければいけない。J1に残れば、また次のシーズンに備えて準備できるわけですから。

――これからの目標について教えてください。

個人的にはもっとゴールを決めたいですし、チームとしてはJ1残留のために全力を尽くしたい。残りの試合で勝ち点3を取ることだけを考えていきたい。ゴールをたくさん決め、残留争いに勝つことができれば、この上なく幸せなシーズンになると思います。

ファンウイジョ選手がんばってこれからガンバ大阪、欧州でがんばってくださあいね。

今回は、日本サッカー界のスーパースターである本田圭佑について書いていきたいと思います。
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.