小林悠サッカーの嫁は結婚、子供は?高校は、現在の年棒や代表は、怪我してる?アンパンマンとは?

今回は、日本代表のサッカー選手である小林悠選手について書いていきたいと思います。

日本代表にも選出されるほどの実力者である小林選手は結婚してるんでしょうか?嫁や子供はいるんでしょうか?また、出身高とかはどこなんでしょうか?年棒はいくらぐらいもらってるんでしょうか?それでは、小林選手の素顔について迫っていきたいと思います。

小林悠の嫁は?結婚してる?

小林悠の嫁の名前は石田直子?馴れ初めや子供がいるのか調査

小林悠選手は2012年1月に一般女性の「石田直子」さんと結婚しました。石田直子さんとは、拓殖大学時代から交際しており、約4年の交際期間を経て、晴れて夫婦関係となっています。プロポーズは小林悠選手24歳の誕生日の日に、フレンチレントランでダイヤの指輪を渡したそうです。「食事もつくってくれて、落ち着いて生活」出来ているようですね!幸せそうです。

学生時代からの付きあいなんですね、長い間を経たんでしょうか?

石田直子さんは管理栄養士の資格を持っているようで、仕事を現在しているのかどうかは分かりませんが、小林悠選手にとっては自分の食事の栄養面などをバランスよく考えてくれるので、いい奥さんですよね。

小林悠の嫁の画像はある?美人との噂を調査!

小林悠選手の嫁・石田直子さんの画像については、小林悠選手のインスタグラムに嫁である石田直子さんの顔が掲載されておりました。綺麗な方ですね。さすが大学時代から小林選手が見初めるだけあります。

石田直子さんは管理栄養士の資格を持っているだけあって、小林悠選手のブログにでてくる手作り料理は、とってもおいしそうな料理ばかりで、お店で出てくるような感じです。

料理ができる奥さん持つというのは、体が資本のスポーツ選手にとってはいいですね。

おかずの品数も非常に多く、身体のことをしっかりと
考えられた食事で、素敵な嫁さんです。管理栄養士の合格率というのは50%ほどなのですが、料理の腕前とは関係ないですし、近年の小林悠選手の活躍はやはり、小林選手本人の努力と嫁さんと子供の力も大きいように思いますね!

美人な上に料理で栄養の管理もしてくれるなんて最高の嫁ですよね、一流選手のそばにはやっぱりいい奥さんがいるってことなんですね。

小林の画像は?

20141006_yu_getty

小林選手はアンパンマンに似ていると一般的にいわれていますね。

小林悠の出身高校は?

小林悠、初のW杯行きならず。西野監督「今朝までメンバーに入っていたが…」今野泰幸にも言及

小林悠(サッカー選手)の現在の身長は177cmですが、背が伸び悩んでいた中学時代は、ミッドフィルダーとして活躍していました。麻布大渕野辺高校(現・麻布大附属高校)に進むと、身長がグッと伸び、体力もついてきたため、それまでのサッカースタイルも変化を見せ、パス出しではなく、自ら得点を取りに行くようになったといいます。

同じくプロサッカー選手かつ日本代表となった太田宏介(FC東京)は、麻布大渕野辺高校のチームメイトです。才能ある選手がそろった小林悠の代は、創部以来初の全国大会出場を果たしました。とはいえ、大学進学に際してスカウトの声がかかることはなく、本人曰く「サッカーのあまり強くない学校だった」と話す拓殖大学に進学した小林悠。

1年生の時からレギュラーの座を獲得し、存分に活躍できる環境で努力を積み重ねた結果、新人賞を獲得しています。徐々にゴールにこだわるようになった小林悠は、3年生の時に、得点王を獲るまでに。大学在学中からJFA特別指定選手に選ばれ、水戸ホーリーホックに所属すると、Jリーグ5試合に出場し、プロへの道をつかみまし

名門高ではない高校に入学しましたが、その中で少ずつ努力して今の地位を築いたのはよくわかりました。エリート高で、とんとん拍子にスターになった人も多いですが、小林選手は着実に成長していったタイプですね。

小林悠は怪我した?

森保ジャパン新体制の初陣メンバーに招集された小林悠【写真:Getty Images】

 川崎フロンターレは27日、FW小林悠の診断結果を発表した。今月22日のリーグ第3節モンテディオ山形戦で負傷した小林は右ハムストリング肉離れと診断され、全治約4週間を要する見込み。

小林はバヒド・ハリルホジッチ新監督の初陣となるチュニジア代表、ウズベキスタン代表戦のメンバーに選出されていたが、今回の負傷のため辞退していた。

過去に怪我のため日本代表を辞退したことがあるんですね、サッカー選手にとって怪我は一番の大敵ですね。

小林悠は水戸ホーリーホックにいた?

小林悠、代表落選はもう過去の話。水戸戦という原点でのリスタート。

小林悠、代表落選はもう過去の話。水戸戦という原点でのリスタート。

小林悠、代表落選はもう過去の話。水戸戦という原点でのリスタート。

 7月11日、川崎フロンターレは天皇杯3回戦・水戸ホーリーホック戦を迎える。

18日に再開するJ1リーグに先駆けて行われる、W杯中断明け最初の公式戦。サッカーのカレンダーは4年周期で動く。2022年のカタール大会を見据えるかどうかは選手それぞれだが、ここから気持ちを新たにしていく選手も多いはずである。

小林悠もその1人だ。

ロシア本大会の有力候補でありながら、直前の負傷もあり、壮行試合となったガーナ代表戦のメンバーから落選。結局、本大会のメンバー入りも叶わなかった。

この1カ月、どんな思いで過ごしていたのか。それを尋ねると、小林はこちらが拍子抜けするほど明るく言葉を並べてくれた。

「行きたかったのはありますし、ものすごく試合には出たかったですよ。でもしょうがないかな。そういう運命だったのかと。意外と大丈夫でしたね。日本代表の試合は観ましたよ。自分が入っていないので、客観的に観れました。サコ(大迫勇也)だったりメンバーが固定されていたので、自分が行っても試合には出れていなかったかもしれない。終わったことは気にしないです」

「4年前、憲剛さんの姿を見ていたので」

もちろん、ショックは大きかったという。ただ冷静に受け止めて自分なりに消化できた背景には、4年前のある先輩の姿があったからだとも明かす。

「4年前にケンゴさん(中村憲剛)が落ちた時、飛行機の隣で一緒だったんです。本当にショックを受けているケンゴさんの姿を見ていたので、それに比べると、もしかしたら、自分はそこまでW杯には思い入れがなかったのかもしれない。自分はフロンターレでやりたいことがまだたくさんあるのかなと自分の中で整理しましたね」

こうして迎えるリスタートの一戦。相手が水戸ホーリーホックなのも、もしかしたら、何かの縁なのかもしれない。

先輩が代表落ちするのをみていると自分も不安になりますね。

大学時代の練習試合で活躍した縁。

――2008年の7月。

偶然にも、今からちょうど10年前、拓殖大学の3年生だった小林悠は、JFA・Jリーグ特別指定選手として水戸ホーリーホックのユニフォームに袖を通してプレーしている。プロ入り後、川崎一筋でプレーしている小林にとって「古巣戦」は基本的に存在しないが、唯一ともいえる例外がこの水戸なのである。

当時の小林は、関東大学サッカーリーグ2部で目立ち始めたFWだった。群を抜くほどズバ抜けた存在ではなかったが、水戸の台所事情もあって特別指定の打診を受けた。

「拓殖大学と水戸で練習試合したときに僕がけっこう活躍したんですね。ちょうど水戸のFWが怪我人だらけで、荒田くん(荒田智之)ぐらいしかいなかった。そこで木山監督(木山隆之)から『ぜひ力を貸して欲しい』と言われました。ちょうど前期が終わって大学リーグが休みで、僕からしたら『よろしくお願いします』という気持ちだけでした」

大学の時に少しだけプロの経験をさせてもらっているんですね。

小林悠

お金をもらって試合に出るシビアさ。

大きなチャンスだと感じ、プロでどれだけ通用するのかを試してみたいという思いが強く迷いはなかった。実家を出てクラブの寮に住み、練習に通う毎日だ。プロの集団と生活をする日々には、学生の場では感じられない緊張感があった。

「当たり前ですけど、アマチュアとプロの厳しさの違いですね。学生とは全然違いました。プロに行くと、お金をもらってサッカーをやっているし、お金をもらって試合に出る。お金をもらってサッカーをするというのは、それだけ厳しいのだとシビアな一面を見ることができました。大学のチームでは自分が一番だったけど、プロってこういうものなんだなと。刺激的でしたね」

間近で見たプロ技術にも圧倒された。中でも驚いたのが、GK本間幸司だという。J2リーグ最多出場記録保持者であり、いまもなお現役を続けている41歳のクラブレジェンドだ。練習でのシュートをことごとく止められ、セービング技術の高さに舌を巻いた。

お金を貰うというプロの厳しさをわかったんではないでしょうか?

スポンサードリンク

「幸司さんのレベルに衝撃を受けた」

「水戸に行って衝撃を受けたのは幸司さんでした。正直、自分のプレーは通用するなと思ったんですよ。でもGKのレベルが、学生とは全然違いました。幸司さんの身体能力の高さは、本当に凄かったです。当時30歳ぐらいだったのかな。見た目は怖いけど、やさしかったですね。ご飯も連れて行ってくれました」

特別指定選手としての登録が承認された直後の7月20日には、小瀬スポーツ公園陸上競技場(当時)のJ2第27節のヴァンフォーレ甲府戦で、スタメン出場。小林にとっては、これがJリーグデビュー戦である。

「緊張はなかったです。お客さんがあんなに多い中で試合をするのは初めてで、思い切ってやったのですごく楽しかった。あとは家族が甲府まで見に来てくれたんです。ずっとプロを目指してやっていて、特別指定ですけど、そういう姿を見せられたのは嬉しかったですね」

試合の立ち上がり、セットプレーからゴールネットを揺らしてゴールを決めた……かに見えたが、味方のファールにより取り消され、惜しくも幻のゴールになった。結局、得点を挙げることはなかったが、全部で5試合に出場。プロと日常を過ごし、その舞台で経験を積んだ水戸での1カ月は、小林のキャリアの中でかけがえのない宝物となっている。

気づけば大学リーグでも注目株に。

その後は、周囲からの目も変わった。夏休み明けの関東大学サッカーリーグ2部では、プロ経験者である小林は大きな注目を集める存在となる。

「試合前に『あいつが小林だぞ』みたいになってましたね(笑)。リーグのスカウトも見に来てくれるようになりましたし、自分にもプロになるチャンスがあると感じるようになりました。水戸での経験は自分にとって大きかった」

このシーズンは関東大学サッカーリーグ2部で22試合19得点を挙げ、得点王を獲得。年明けの4年生に上がる前には、川崎の宮崎県綾町キャンプにも参加した。大学4年生の大半は、怪我とリハビリで棒に振ってしまったが、無事にプロ入りを果たしている。そして現在までの活躍はご存知の通りである。昨年2017年にはJ1得点王にも輝き、Jリーグ年間最優秀選手にも輝いた。日本代表選手まで駆け上がり、いまや多くのものを背負ってピッチに立つ存在となった。

日本代表になるまで時間はかかっていますが堅実な感じはしますね。

「覚えているサポーターいるかな(笑)」

大学時代に水戸で紡いだ物語から10年が過ぎた。

ただその年月に驚いていたのは、他ならぬ小林自身だ。「そんなに前ですか。びっくりしました。成長した姿を見せたいですけど、僕がいたことを覚えているサポーターがいるかわからないですね(笑)」とおどけたが、それだけにこの対戦にかける思いも強い。

「また初心に返ってというか……歳は重ねましたけど、あの頃のように、またどんどん上を目指していきたい。フロンターレで、どれだけタイトルを取れるか。個人としてもまだまだ点を取って成長していきたい。その気持ちは変わっていないです」

小林悠のリスタートは、プロを学んだ原点である水戸との一戦から始まる。

特別指定選手として大学時代に水戸で試合に出ていたんですね。その経験があってのことで今の小林選手がいるんですね。

小林悠は代表経験あるの?

小林 悠

日本代表

2014年10月、日本代表に初招集され、10月10日のキリンチャレンジカップ・ジャマイカ戦で日本代表デビューを果たした。

2016年3月17日、2018 FIFAワールドカップ・アジア2次予選の代表発表で復帰。6月3日、キリンカップサッカー2016のブルガリア代表戦で代表初先発を果たした。

2017年12月12日、EAFF E-1フットボールチャンピオンシップ2017の中国戦で代表初得点を決めた

Wカップには出ていませんが、逐一代表に選ばれていますね、ぜひとも大舞台で活躍を見せてほしいですね。

小林悠の子供はかわいい?

小林悠の子供がかわいいと言われている?

川崎フロンターレのFW小林悠選手が2018年4月9日にインスタグラムを更新して、長男・真翔くん4歳(まことくん)の誕生日を、次男・結翔くん2歳(ゆいとくん)とお祝いをした写真をインスタ公開しました。また、2017年にJリーグMVPと得点王をW受賞して登壇したJリーグアウォーズでも嫁・石田直子さんと子供が登場していましたね。小林悠選手の息子は2人ともイケメンで、将来が楽しみになりそうな予感がしました。

写真を見る限りかわいいですね、そらアンパンマンぼ息子ですからかわいいにきまってますね。

小林悠の年俸はいくら?

2018年 川崎フロンターレ 小林 悠 31歳 1億円
2017年 川崎フロンターレ 小林 悠 30歳 8000万円
2016年 川崎フロンターレ 小林 悠 29歳 3000万円
2015年 川崎フロンターレ 小林 悠 28歳 2000万円
2014年 川崎フロンターレ 小林 悠 27歳 1500万円
2013年 小林 悠 26歳 1200万円
2012年 小林 悠 25歳 1000万円
2011年 小林 悠 24歳 600万円

日本では珍しい億プレーヤーですね、しかも毎年年棒があがってるって素敵ですね。

小林悠はアンパンマンに似てる?

profile image

代表初選出の小林悠は“子供たちのヒーロー”? あの国民的アニメキャラクター似でコラボも期待!

10月1日に発表となった、ジャマイカ戦とブラジル戦に臨む日本代表メンバー。前回から8人のメンバーが入れ替わった中、A代表初選出となったのは川崎フロンターレの小林悠、サンフレッチェ広島の塩谷司、鹿島アントラーズの昌子源、の3人だ。中でも注目を浴びているのが、FW小林悠である。

代表初選出の小林悠は“子供たちのヒーロー”? あの国民的アニメキャラクター似でコラボも期待!

たしかに丸い顔してますけど、そこまでアンパンに似ているかと言われれば、そうでもないような気がしますね。

10月1日に発表となった、ジャマイカ戦とブラジル戦に臨む日本代表メンバー。前回から8人のメンバーが入れ替わった中、A代表初選出となったのは川崎フロンターレの小林悠、サンフレッチェ広島の塩谷司、鹿島アントラーズの昌子源、の3人だ。中でも注目を浴びているのが、FW小林悠である。

アギーレジャパン発足時から選出が期待されていたが、前回はメンバー入りならず。現在J1で10ゴールと、得点ランキングでも上位にランクインするなど好調を維持。そのプレースタイルについて、川崎フロンターレを取材しているいしかわごう氏はこう語る。

「目標とするFWに佐藤寿人選手の名前を挙げていたこともあるように、相手の最終ラインと駆け引きしながら、サイドからタイミング良く背後を狙うタイプです。

どちらかといえば地上戦を得意とする選手ですが、空中戦の勝率も高く、アギーレ監督が視察に訪れた徳島戦では、豪快なヘディングゴールも決めました。前線の中央とサイドをそつなくこせるので、[4-3-3]システムを公言する指揮官のお眼鏡にかなうのも必然だったのかもしれませんね」

小林は年代別代表の経験もなく、大学時代は関東二部リーグの拓殖大学でプレー。一般的には、エリートとは言い難い印象だが、「そうではないですよ」といしかわ氏は言う。

「実は大学3年生のときに、水戸ホーリーホックの特別指定選手としてJ2リーグでデビューをしています。

僕はその試合を偶然にも取材していたのですが、登録直後に荒田智之選手(現在ファジアーノ岡山)との2トップで先発出場し、いきなりヘディングでゴールネットを揺らしたんです。残念ながら、そのゴールはファウルで取り消されてしまいましたが、『この選手は何者なんだ?』と驚いたのを覚えています」

いしかわ氏によれば、小林は子供からの人気が高い選手だそうで、それは、あるアニメキャラクターに似ている影響からだという。

「彼はフロンターレのサポーターからは『アンパンマン』の愛称で親しまれているんです。もともとのきっかけは、当時チームメートだった佐原秀樹さん(現在川崎U-12監督)のイジりだったと思います。確かシーズン前のキャンプ中に、『お前、顔がむくれてパンパンでアンパンマンみたいだな』とイジったとか、そんな経緯だったはずです(笑)。

彼のチャントも『アンパンマンのマーチ』が原曲ですし、すっかりアンパンマンのキャラで定着しています。日本代表でブレイクしてもらって、ぜひアンパンマンとコラボして欲しいですね」

まだ船出したばかりのアギーレJAPANとはいえ、初招集の選手は大きな注目を集めるだろう。アンパンマン・小林悠に注目してみてはどうだろうか。

小林選手はやっぱ、アンパンマンに似ているんですね、彼のチャントもアンパンマンマーチですし、きっと子供たちに人気がでることでしょうね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.