小川良成の現在は、結婚は?彼女は?性格は?テクニックあるが引退?

今回は、プロレスロングノアの現在も現役のベテランレスラーの小川良成選手についてかいていきたいと思います。

小川良成はテクニックがすごい?

小川良成】[プロレスラー]

[生年月日 1966年11月2日]

[出身地 茨城県北相馬郡取手町(現在の取手市)]

[身長 180㎝][体重 90kg]

1983年に全日本プロレスに入門した小川良成選手。デビューは、1985年9月3日ので岩手県・宮古市の宮古駅前サンプラザ駐車場特設リングの笹崎伸司戦でした。

180センチ90キロでそんなに大きくはない体でヘビー級でやってたのは脅威ですね。その分の小川選手のテクニックはハンパないみたいですね。

小川良成選手のテクニックは、プロレスファンにはとても定評があり、派手な技はやらないものの、「テクニックといえば小川良成選手」といわれるほど、ヘビー級の選手とも互角に戦えるほどのテクニックを持っているようです。小川良成選手のテクニックは、パワーで押してくるヘビー級の選手の力を逆手にとり、するりとかわすテクニックで、試合で負けた選手は、「小川良成選手の手のひらで遊ばれているようだ」と語るほどだそうです。

ベテランならではの味があるんですね、きっと軽量級な体の分だけテクニシャンだったんですね。

また、小川良成選手のテクニックは、相手の選手も想像がつかないような動きを見せることから、「小川良成選手と試合をすると疲れる」と言わせてしまうほどのようです。

テクニックがあるというか、プロレスがうまいんですね。プロレスIQは抜群に高かったのではないでしょうか?

小川良成の現在は?性格はいいの?

趣味はビリヤード。ビジュアル系レスラーの元祖と言われるほどの男前で女性にモテるとノア内でも評判であり、プレイボーイとしても有名であるが、現在でも独身である。喋りが得意なほうではないためマイクパフォーマンスはあまり行わないが、上記天龍戦時の様な毒舌コメントを発することもある。また、ノア役員としても雑誌のインタビューなどでは冷静な分析を披露している。

今や、ノアの役員なんですね、昔からいる団体で活躍できてるって素敵やんですね。

タイツのお尻の部分にいろいろな言葉を入れている。

英語が堪能であり、リチャード・スリンガーなど外国人選手とは非常に仲が良く、かつての後輩で教え子でもある太陽ケアとも友情を深めている。

ダイナマイト・キッドを尊敬している。得意技のチンクラッシャーは元はキッドの持ち技であり、本人に許可を得てレパートリーに加えた。キッドの最初の引退に際しては、胴上げの場面で人目も憚らず涙を流している。

今は亡きダイナマイトキッドとも絡みがあるんですね、相当なベテランですね。

小川は1984年7月初旬に全日本プロレス入門したが、その入門初日に偶然三沢光晴と遭遇したという(2000年秋頃に行われたインタビューにて小川自ら証言)。当時、三沢はジャイアント馬場からの密命を受けて二代目タイガーマスクに変身するため極秘裏に武者修行先のメキシコから日本に帰国していた。ちなみに小川は三沢とのコンビ結成の際のインタビューにおいて、三沢に対して「若手の頃からずっと憧れていた」と尊敬の念を顕にしていた。

三沢との仲の良さは有名でしたね、本当にいいコンビだったと思いますね。

現在は若手のコーチ役としても活動しているほか、かつては三沢からマッチメイクを依頼されるなど、ノア役員として重責を担っていた。若手選手の面倒見もよく、興行の観客入場前には若手選手をリングに集め自ら指導しているほか、「目立たないと誰も覚えてくれない」と、若手にガウンやTシャツを着せたりもしている。

ガウンやTシャツを若手に着せているんですが、自分自身はGジャンなんですね。

デビュー当時はボディスラムとキーロック程度しか持ち技がなかった。しかし、その技だけできっちりと先輩レスラー相手に試合を組み立てていたため、当時のどのプロレス雑誌でも「小川は将来いい選手になる」と断言していた。

はじめから、プロレスセンスがあったんですね、はじめからテクニシャンなんですかね。

佐々木健介は同年齢の同期にあたり、若手時代から互いに呼び捨てで接している。

全日本プロレス時代は後輩の小橋や田上、秋山らの台頭によってフォールを奪われるのが定番の様な扱いがされることもあったが、三沢とのタッグ結成後は多彩なテクニックを駆使して巻き返しを見せるようになった。小橋や田上からフォールを奪ったときはよく“大金星”と新聞や雑誌で取り上げられることもあった。

地味なイメージですが、テクニックは良かったんですね。

小川良成結婚

なんと元祖?イケメンレスラーの小川選手は独身だそうですね。

小川良成選手は、まだ結婚はしておらず独身であるようです。趣味はビリヤードであり、女性にモテるビジュアル系のプロレスラーといわれている小川良成選手。過去には、プレイボーイとしても名を馳せているので、これまでには、何人かの女性と交際を重ねてきたかもしれませんが、特定の女性との結婚には決めかねているのかもしれませんね。

スポンサードリンク

結婚してないんですね、残念?まあ歳をとったとはいえオトコ前でプレイボーイなんでいつ結婚するか、まだわからないですけどね。

小川良成の彼女は?

これまた彼女情報もないんですけどね、これまで浮名をたくさん流してきたらしいので、きっと彼女の一人や二人はいるんでしょうね。

スポンサードリンク

小川良成の女癖は、悪いの?

小川良成選手はなぜネット上で「姦」が付いて書かれているのでしょうか

何か女性絡みで悪い噂でもあったのでしょうか?あくまで噂レベルの話に過ぎませんが、ファンの子に手を出したりストーカーまがいの行為を行ったりと女性をめぐるトラブルが多いようです

イケメンなだけではなく、プレイボーイとしてもならしている小川良成なんですが、それとともに、女性でもめたりすることも多いみたいですね。

小川良成は、引退はしないの?

生粋な三沢派だからでしょう。

彼はプロレスセンスが三沢に認められ、全日本時代からジュニアヘビーウェイトでありながら、三沢のタッグパートナーに抜擢されました。まだ、ジュニアがヘビーウェイトのトップ戦線に絡むことが普通ではなかった時代でのことでした。特に全日はジュニアがトップでやるというのは異質なことでしたので、余計に価値ある出来事だったわけです。
後にノアが立ち上がり、そこでもジュニアの小川が秋山を破り、GHCヘビーウェイトチャンピオンに輝きます。

現在のジュニアでもトップを張れるという日常的な光景も、元々は小川から始まったといっても過言ではないでしょう。

そのようなことからもわかりますように、小川の三沢に対する感謝の気持ち、恩義というものは、計り知れないものがあると思います。小川自身の努力あってのことではありますが、プロとして、三沢に認められたこと、望む以上の役目を与えられたことは、小川の人生にとってとても大きな事であったと思います。

三沢光晴との信頼関係はハンパないですね、本当にコンビネーションがよかったですもんね。

プロレスリング・ノアさんのインスタグラム写真 - 「#三沢光晴 #小川良成」6月13日 16時12分

その亡き三沢が作ったノアを出る理由もないわけです。また三沢政権時代から、、三沢の隠れた右腕的存在でしたので、フロント陣も含め小川に強く命令できる人間もいませんでした。百田などの超ベテランは除き、キャリア的にも三沢の次くらいでしたから、裏舞台での小川の立場というのは、それなりに上にあったわけです。若手への指導も行っておりましたし、コーチ的な役割もあったわけです。そのスタンスというのは今でも変わりないと思います。
ですから、残る残らないは小川の意思で決められるわけです。
小川は、自分が自分がと率先して前に出たがるタイプの人間ではないので、もう年齢的にも今からノアを飛び出て活躍しようという気持ちも無いと思います。この先、経営難により、仕方なく退社する形になることも、なくはないでしょう。ただそれはノアにしましても最終最後の決断ですから、簡単には小川には会社側から辞めてくれとはいえないでしょう。先生役として、その卓越したプロレス技術というのを生かしてもらいたいということもあるでしょうし。

ということで、ノアを自ら抜ける理由もないですし、辞めさせられる理由もないわけです。

プロレスリングノアに根付いているんで、簡単には自分から辞めないし、辞めさせられることもないということですね。

しかも、プロレスリングノアにおいても功労者ですしね。

小川良成は、丸め込みのテクニシャン?

怪我の影響もあり、飛んだり跳ねたりといったプロレスは行わない小川良成選手。その代わり、ランカシャースタイルをベースにしたクラシカルな投げ技やフォール技を多用するスタイルで活躍されてきました。

テクニックの小川といわれるだけあって、後進に指導する立場になるほどそのテクニックたるやすごいものがありますね。

小川良成選手の得意技は、バックドロップ、バックドロップ・ホールドに始まり、「回転片エビ固め」といって相手の首を片腕で抱え首投げの様に投げながら、もう片方の腕で相手の片足を抱え込み、相手をマットに倒したと同時に相手の首と片足を抱えたまま相手の上に仰向けに乗りかかり、体重を掛けながらフォールするという技や、「4の字ジャックナイフ固め」といって、足を組ませて固めるオリジナルの技まで、幅広いようです。

とくに、目を奪われるのが丸め込みのうまさですね、どんな体制からでもホールドできるのはすごいですね。

また、目潰しや、チン・クラッシャー、ネックブリーカー、足掛け式延髄斬り、タイガー・ドライバー、各種丸め込み技、腕極め式キャメルクラッチ、なども得意技としています。

汚い技や反則攻撃までいろんな意味でテクニックがすごい選手なのではないでしょうか?もう大ベテランの小川良成選手、いつ引退なさるのかもわからないですが、これからもどんどん発展していって欲しいですね、面白いプロレスをもっとたくさんファンの皆さんに見せていって欲しいですね。

今回は、プロレスラーの鈴木鼓太郎選手について書いていきたいと思います。鈴木選手の悪評がありますが、いじめをしてるという噂は本...

スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.