西野朗監督の嫁の画像は、現在は?若い頃はイケメン?息子や家族は?

西野朗

今回は西野監督について書いていきたいと思います。サッカの日本代表で有名になった西野監督ですが、嫁はどんなのでしょうか?また現在はどうしているのでしょうか?息子や家族はいるんでしょうか?それでは、西野朗の素顔に迫っていきたいと思います。なんとタイ代表の監督になるということですが、日本代表

の敵になってしまうのですね。どうぞお手柔らかにお願いしますね。

西野朗の嫁は、元モデルなの?画像は?

西野朗さんは、実業団時代の1978~1980年頃に、美佐子さんという女性と結婚をしたと言われております。

西野さんの結婚相手である美佐子さんですが、現在では一般人のため顔写真や個人情報などは公開されておりませんが、元モデルという説もあり、かなりの美女だと言われていますね。

画像まではわからないのですが、かなりの美人であるとのことですね。画像などが見つかればまた掲載していこうと思います。もてるサッカー選手の中でもモテルということでめっちゃもてるんですね。いいですね。

西野朗の現在は、どうするの?

自己管理ができている日本の選手 「ずっと残る」W杯のショック

学生が最も関心を抱く現実的な話題というと、永遠の課題でもある「どうやってダイエットするか」で、冒頭でそれについて学生から質問が挙がると、現役時代の体重を維持しているという西野氏は笑いながら、「普段からさっぱりしたものを食べるようにしている。日本代表の監督を務めていた時期は、毎朝起きると、家の近所をジョギングしていた。ほとんどの日本のサッカー選手が、ピューリタンのような規則的な生活を送っている。彼らは、チャレンジに際して、やる気さえあれば、年齢は全く問題にならないと確信している。これも日本では遠藤保仁選手や中村俊輔選手、三浦知良選手など、40、50を過ぎてもプロサッカー選手としてバリバリ活躍している原因だ」と説明した。

1996年に、西野氏は日本代表監督としてアトランタオリンピックに出場し、若手中心のイレブンで戦うスタイルを貫き、ロナウド選手とリバウド選手率いるブラジルに1対0で勝利した。この勝利は、「マイアミの奇跡」と呼ばれている。昨年は、ワールドカップロシア大会の2ヶ月前に、ヴァヒド・ハリルホジッチ監督が突然、日本代表監督を解任され、日本サッカー協会(JFA)はその後任として、当時63歳だった西野氏が代表監督に就任することを発表した。土壇場での監督交代劇であったものの、日本代表チームを知り尽くしている西野氏は、2ヶ月間で、フォーメーションを変更し、グループH初戦でコロンビア代表を2対1で破るなどして、決勝トーナメントに進出した。決勝トーナメントラウンド16では、ベルギーと対戦し、一旦は2点を先取したものの、後半最終30分で3点を奪われて逆転を許して敗戦、日本代表初となるベスト8進出を惜しくも逃した。西野氏は「ショックはずっと残り、思い出したくない」としたものの、その言葉の端々から、試合後、何度も試合をイメージして振り返っていたことがうかがえた。例えば、敗戦の原因は「自分が戦術の選択を間違えたから」とし、「選手に出した指示があいまいだったため、攻め続けることができず、あと一歩のところでひっくり返されてしまった」と述べた。試合後、更衣室は静まり返り、普段はとても明るい選手たちも言葉を失い、逆転されたショックで呆然としていたという。西野氏が、「シャワーを浴びて服を着替えよう」と言うと、選手はようやく目を覚ましたように、荷物を整理した後、みんなで普段はあまり飲まない強い酒を飲んだという。

日本のサッカーの特徴について、西野氏は、「チームを見ると、個人のレベルは決して高くないが、選手一人ひとりが明確な意識を持っており、チームとして試合に臨んでいる。心を一つにしてチームプレーをすることが必要で、選手全員が全身全霊でプレーし、自分の力を出してチームに貢献している。日本は、良い戦術を採用し、チームプレーをすることを重視すれば、小国でも成功を収めることができるというメッセージを、頑張って伝えている。これが、日本サッカーの魅力だ」と説明した。

ピラミッド型の体系構築が必要 中国のクラブの監督にも前向き

現在、AFCアジアカップ2019開催の真っ最中だが、西野氏は現在のアジアの勢力図について、「現在、アジアを牽引しているのは、日本、韓国、オーストラリア、イラン」と分析し、「大国である中国がもっと成長して引っ張ってほしい。そして、他の国が中国を抜くことを目標にするようになるというのが、アジアのサッカーの発展にとって、最も理想的な状態」とした。

中国のサッカーの発展について、西野氏は、「中国は資源を、系統立った体系の構築に使うべきだ。そして、サッカーの普及事業をしっかり行い、指導者に対する系統立てた育成強化に力を入れるべき。ピラミッドの一番下をしっかりと作ることができれば、サッカー強国になるまでの道のりは近くなる」と指摘した。講演の中で、西野氏は、「ピラミッド型の体系を構築して、その一番下をしっかりと作ること」を何度も強調していた。これは、西野監督のサッカー哲学の中心となる理念と言える。

今後、中国のクラブの監督になる可能性について聞かれた西野氏は、「杭州緑城の監督を務めたことがある岡田武史氏から聞いたが、中国のクラブの指揮を執るというのはとてもたいへんなことだ。クラブのオーナーが監督の隣で試合を指揮するというのはとても想像できない」と笑顔で話しながらも、「もしオファーがあれば、チャレンジしてみたい。オファーがあれば、どこからでも検討する。私のサッカー哲学やチーム作りの方法、戦術理念などを認めてくれるのか、クラブとまずじっくりと話し合うだろう」と話し、まんざらでもない様子だった。

西野監督は、日本代表の後には、中国に進出する可能性もないことはないようですね。中国マネーは大きいのでこれからの展開でもしかしたら移籍することもあるのではないでしょうか?

日本のサッカー協会との不仲もありますしね、まったくないシナリオではないと思いますね。

スポンサードリンク

若い頃はイケメン?

では、若い頃のイケメン西野写真をどうぞごらんくださいね。

ジャニーズ系とはいいませんけど、なかなかの男前ですね。

しかもロン毛で髪の毛さらさらであるとくればこれでモテないはずはありませ

ん。

こうしても見るとかなりのイケメンです男前ですね、昔からだったんですね。

こちらはおそらく高校生の頃のものだと考えられますが、かなり毛量が多く長いですね。

西野朗さんが通っていた早稲田大学では女の子からモテモテだったみたいですね。
西野さん本人がいうところによりますと、同じ早稲田大学出身のハンカチ

王子のプロ野球の斉藤祐樹ばりのモテオトコであったということですね。

大学のころは現役の日本代表選手であったということで、それはそれは、モテオトコだったんでしょうね。

練習や試合は、オンナの子たちが西野選手をみるために殺到したということですので、当時は相当なチャラかったんでしょうね。

さすがは、サッカー選手は今も昔も女の子のアイドルなんですね。

西野朗の血液型は、わからないの?

image-20180409171943

西野元監督の血液型とか気になりますね、いったいどんな性格なんでしょうかね。

西野監督のプロフィール

西野朗小見出し3

名前: 西野 朗(にしの あきら)

生年月日: 1955年 4月7日

年齢: 62歳

性別: 男性

現職: 日本サッカー協会(JFA)理事 技術委員長

身長: 182cm

体重: 72kg

出身地: 埼玉県浦和市(現 さいたま市)

出身高校: 埼玉県立浦和西高等学校

出身大学: 早稲田大学

血液型はわかりにくいですね、公表されていないのでしょうかね?身長が182センチっていいですね、これはもてる男の要素である高身長っていうのがあっていいですね。

西野監督の家族は息子は?

西野朗小見出し2-1

西野朗氏は日立製作所時代に結婚されています。

奥様は美佐子さん。

とてもきれいでおしとやかだそうです。

お子さんが二人いて、長女の「さやか」さんと長男の「卓郎」くんというお名前だそうです。

娘のさやかさんは奥様美佐子さんに似てとても美人で評判です。

息子の卓郎くんも当然格好良いんでしょうね。

そりゃそうですよね。

イケメンの西野朗氏と美人の美佐子さんのお子さんですものね。

幸せいっぱいの家族の様子が目に浮かび

息子さんがいるんですね、サッカー関係者ではないようですけど、きっとお父さんに似てイケメンなんでしょうか?サッカー経験があってもいいと思いますね。

西野朗と久米宏は親戚なんですか?

久米宏

  • 久米宏

 フリーアナウンサーの久米宏(73)が自身がパーソナリティーを務める23日放送のTBSラジオ「久米宏ラジオなんですけど」(土曜・後1時)でサッカー日本代表監督の西野朗監督(63)と親戚であるいうことを明かした。

類は友を呼ぶというのでしょうか?有名な人には有名な人が引っ付くのですね。

 サッカーファンだという久米は、日本が2―1でコロンビアを破った試合を友人らとテレビ観戦。番組のオープニングでは、その時の興奮を振り返った。そして、今回のW杯は「なぜか、今回のロシアW杯ってロシアでやるということもあって今ひとつ、盛り上がってなかったんですね、4月11日までは。4月12日という日付けを境にして今回のW杯が気になるというか、興味がわくというか、正確に言うととっても心配。異常なぐらい今回のW杯が気になってきまして」と明かした。

キャスターのころから毎日気になっているのではないですか?

 4月12日はハリルホジッチ前監督に代わり、日本代表の監督に西野氏が就任した日。「これを聞いた瞬間にW杯が心配で心配で」という久米は、「西野朗という人は実はボクの親戚なんです」と告白した。「ちょっと遠い親戚なんですけど。あまり会ったことないんですけど、親戚であることは間違いなくて、向こうもどうやら知っているんです」

そりゃ近い親戚であると、びっくりしますね。遠くて当然といった感じでしょうか?

 「コロンビア戦で引き分けか勝ったらこのことを言おう。負けたら場合はひた隠しにするつもりだった」と久米。親戚が日本代表の監督になったことについて、「誰にもこの心境は分かってもらえないと思うんです。想像以上のプレッシャー。親戚が日本代表の監督になったなんて、考えられないことなんです」と祈るような気持ちでW杯を見守っていることを明かしていた

意外なところに関係があるんですね、サッカーが好きな久米宏ならかなり喜ばしいことなんでしょうね、でも今頃のカミングアウトってめずらしいですね。もっと前からわかっていたんでしょうね。いまやタイ代表の代表監督までやって日本

サッカーだけではないワールドワイドな戦いを繰り広げていますね。これからも

世界のサッカーでいろんな活躍を見せていって欲しいですね。

今回は、日本サッカー界のスーパースターである本田圭佑について書いていきたいと思います。
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.